講義ノート

ADKARモデル最強ガイド:変革管理で企業の成功を引き寄せる

ADKARモデルとは

ADKARモデルは、米国Prosci社のジェフリー・ハイアットが書籍『ADKAR: A Model for Change in Business, Government and Community』で紹介した組織変革モデルです。

このモデルは比較的シンプルで、組織変革のプロセスを5つのステップで表現しています。それぞれのステップは「Aware(認識)」「Desire(願望)」「Knowledge(知識)」「Ability(能力)」「Reinforce(定着)」の頭文字から「ADKARモデル」と呼ばれています。

ADKARモデルは、組織変革の根幹となる要素をシンプルに抽出したモデルであり、変革に対する体系的な手法として利用されることが多いです。このモデルを通じて、メンバーは自分の意思で変革を前進させることができるようになります。

ADKARモデルの5つの要素

Aware(認知)組織の有識者から変革が必要な理由や新たな方向性をメンバーに説明し、変革の必要性を認識させるステップです。
Desire(欲求)組織のビジョンを聞いた後、メンバーが自ら変革を実施したいと感じる状態になるステップです。
Knowledge(知識)メンバーが変革を実施するために必要な知識を習得するステップです。
Ability(能力)知識を習得したメンバーがその知識を活用して実際に行動に移すステップです。
Reinforcement(定着)変革の成果を認め、変革をさらに進めるための後押しをするステップです。

ADKARモデルとは、ビジネスや組織における変革や改善を達成するためのフレームワークです。このモデルは、5つの主要な要素で構成されており、それぞれ「認知」、「欲求」、「知識」、「能力」、「定着」を指します。

これらの要素は組織変革のサイクルを形成し、順進的に進んでいくことで、変革を成功させるための道筋をつけることができるのです。これらを理解し対策を立てることで、組織の力強い改革が進展していきます。

Aware(認知)

「認知」はADKARモデルの最初の要素であり、組織や個人が変革の必要性を認識し理解することを表します。

変革は多くの場合、抵抗や困難を伴うものですので、まず変革の必要性を自覚し認識することが欠かせません。これにより、組織のメンバーや個人は、変革に向けた行動を起こす初期の動機を得ます。

意識を高める方法としては、具体的な変革の目的や、改革が行われない場合の影響を明確に伝えることが効果的です。

Desire(欲求)

「欲求」は意識した変革に対して行動を起こしたくなる力、動機づけがあるかどうかを表しています。

この意欲が強ければ強いほど、変革に対する行動の可能性は高まります。

意欲を創出する方法として、ポジティブな見通しや成功体験を共有し、成功した場合の報酬やメリット、変革の価値を具体的に示すことが挙げられます。これらは、個々のメンバーが変革による努力を惜しまず、進んで行動に移すきっかけとなります。

Knowledge(知識)

「知識」は変革を実現するためのスキルや情報、具体的な方法論を指します。

知識があることで変革の具現化が可能となり、変革を成功させるための具体的な行動が可能となります。

知識を深めるためのステップとして、教育やトレーニング、メンターシップの活用があります。専門知識を持つ人材からの学び、手法の具体的な解説や例示を通じて、知識を深み、行動に移す力を培うことができます。

Ability(能力)

「能力」は所得した知識を実際の行動に移すことができるか、という能力を指します。

知識があってもそれを実践する能力が無ければ、実質的な変革は生まれません。

能力を育成するには、継続的なトレーニングや実践の機会、評価とフィードバックの循環が重要です。意識し、意欲を持ち、知識を得た上で行動することができれば、持続的な変革が達成されるでしょう。

Reinforcement(定着)

「定着」は変革を長期的に維持するための最後の要素です。これまでの変革を定着させ、それを維持・強化する戦略が求められます。

変革が進んだ後も定期的なフォローアップや評価、フィードバックを行うことで、正しい方向に続けて進めることが可能となります。また、成功した変革を積極的に内外に発信し、それに対する報酬や認知を提供することも強化の一助となります。

金融機関にお勤めですか?
匿名アンケートのご協力をお願いします!

より良い教育プログラム開発のため、
3分程度で終わるアンケートにご協力いただけませんでしょうか?
猿樂 昌之

猿樂 昌之

猿樂事務所(同 つむぐ人たち)の代表です。金融機関向け研修での補足情報や経営の知見を発信しております。よろしければSNSをフォローください。

こちらの記事も読まれています

トレンド体験レポート

  1. 銀行の「アルムナイ(卒業生組織)」はワークするのか?

  2. 『フジ子さん』を体験|オンライン・アシスタントが業務に与えるインパクト!活用法、メリット・デメリットまで

  3. 文章生成AIで、オウンドメディアをスピード構築できるか?手順・プロンプト・注意点まで実体験から徹底解説

  4. 注目のIBJ(東証:6071)結婚相談所加盟店の無料説明会に参加してきました

あなたにおすすめの記事

  1. リーダーシップ理論8選;優れたリーダーとはどのようなリーダーなのか?どう育成するか?

  2. 金融機関による資金繰り表の評価と対応のポイント

  3. 資金繰り「悪化」要因とシグナル17選;典型的なパターンをおさえておこう

  4. モチベーション理論12選;組織を考える上で知っておきたい行動源泉ロジック

  5. 探索財、経験財、信頼財|商品特性を理解したマーケティングを

  6. チャネル政策|開放的・選択的・専属的(排他的)とは?メリットデメリットや商品との相性

  7. 「資金繰り表」の基本ガイド;図表でわかりやすい解説と関数入りフォーマット

  8. 企業変革理論6選;ロジックを踏まえたチェンジマネジメントを

  9. 組織改善の施策15選

【特集】

中小企業の『救世主』
オンライン・アシスタント
体験をまとめました


オンライン・アシスタントとは?メリット・デメリットまで


オンライン・アシスタント活用術20選

メールマガジン登録

TOP