講義ノート

レヴィンのリーダーシップ論とアイオワ研究|権威主義、民主、放任

クルト・レヴィン

社会心理学、組織心理学、応用心理学など多くの分野で重要な貢献をした心理学者です。彼はドイツ生まれで、ナチスの台頭を受けてアメリカに移住しました。レヴィンは「場の理論(Field Theory)」を提唱し、人々の行動はその人自身と環境との相互作用によって決まると考えました。この理論は、個人と環境が一つの「場」を形成し、その場が行動に影響を与えるというものです。レヴィンはまた、グループダイナミクスの研究でも知られています。彼は小グループ内の力関係、リーダーシップ、意見形成などについての実験と理論構築を行いました。レヴィンの研究は、組織行動、教育、治療など多くの応用分野に影響を与えています。さらに、行動の変容や態度の変化についても研究し、特に「行動研究」の手法を用いて社会的問題に取り組むことの重要性を強調しました。彼の業績は、心理学だけでなく、経営学、教育学、社会学など、多くの学問分野に影響を与えています。

(参考)レヴィンの解凍・変革・再凍結モデル

レヴィンのリーダーシップ論

レヴィンのリーダーシップ論では、リーダーシップスタイルを3つの類型に分けます。

権威主義的
(Authoritarian)
リーダーがすべての決定を行い、部下は指示に従う。コミュニケーションは一方通行で、リーダーから部下へのみ。
民主的
(Democratic)
リーダーが部下の意見を尊重し、決定過程に参加させる。コミュニケーションは双方向で、グループ内の協力と協調が促進される。
放任主義的
(Laissez-faire)
リーダーが最小限の指導しか行わず、部下に自由を与える。リーダーは情報提供者やアドバイザーとして機能するが、積極的な指導は行わない。

レヴィンの理論は、リーダーシップのスタイルがグループの動機付け、満足度、生産性にどのように影響するかを理解する上で重要です。

アイオワ研究

アイオワ研究は、レヴィンが1940年代に行った一連の実験です。
子供たちのグループに対して、権威主義的、民主的、放任主義的の3つの異なるリーダーシップスタイルを適用しました。

アイオワ研究の結果

権威主義的 効率は高いが、創造性とグループの満足度は低い。リーダーが不在の際には生産性が低下する傾向がある。
民主的効率はやや低いが、創造性、グループの満足度、協力が高い。リーダーが不在でも生産性が維持される。
放任主義的最も低い効率と生産性。グループの方向性が欠け、混乱しやすい。

レヴィンのアイオワ研究は、リーダーシップスタイルがグループの機能とメンバーの行動に大きな影響を与えることを示しました。

金融機関にお勤めですか?
匿名アンケートのご協力をお願いします!

より良い教育プログラム開発のため、
3分程度で終わるアンケートにご協力いただけませんでしょうか?
猿樂 昌之

猿樂 昌之

猿樂事務所(同 つむぐ人たち)の代表です。金融機関向け研修での補足情報や経営の知見を発信しております。よろしければSNSをフォローください。

こちらの記事も読まれています

独自リサーチ

  1. 銀行の「アルムナイ(卒業生組織)」はワークするのか?

  2. 『フジ子さん』を体験|オンライン・アシスタントが業務に与えるインパクト!活用法、メリット・デメリットまで

  3. 文章生成AIで、オウンドメディアをスピード構築できるか?手順・プロンプト・注意点まで実体験から徹底解説

  4. 注目のIBJ(東証:6071)結婚相談所加盟店の無料説明会に参加してきました

あわせてお読みください

  1. 探索財、経験財、信頼財|商品特性を理解したマーケティングを

  2. リーダーシップ理論8選;優れたリーダーとはどのようなリーダーなのか?どう育成するか?

  3. 「資金繰り表」の基本ガイド;図表でわかりやすい解説と関数入りフォーマット

  4. チャネル政策|開放的・選択的・専属的(排他的)とは?メリットデメリットや商品との相性

  5. 資金繰り「悪化」要因とシグナル17選;典型的なパターンをおさえておこう

  6. 企業変革理論6選;ロジックを踏まえたチェンジマネジメントを

  7. 組織改善の施策15選

  8. 金融機関による資金繰り表の評価と対応のポイント

  9. モチベーション理論12選;組織を考える上で知っておきたい行動源泉ロジック

メールマガジン登録

金融機関職員アンケート

TOP