施策

競合他社比較表の作成意図と手順まとめ【セクション別サンプル付き】:企画・マーケティング・営業

競合他社と自社の比較表を作成することは、事業戦略の立案時および販売時に非常に重要です。

競合他社比較表の作成が求められるタイミング

競合他社比較表の作成が求められるタイミングは、事業戦略の立案時と販売時です。

事業戦略の立案時

  • 市場のポジショニング: 自社の製品やサービスが市場内でどのような位置にあるのかを明確に理解することができます。
  • 強み・弱みの識別: 自社の強みや弱み、機会、脅威(SWOT分析)を明確にすることができ、それを基に戦略を調整することができます。
  • 市場のニーズの理解: 競合他社が提供していないニーズやギャップを特定し、新しい製品やサービスの開発の方向性を決めることができます。

販売時

  • 顧客への価値提案: 顧客に対して自社の製品やサービスが競合他社と比べてどのような利点があるのかを明確に伝えることができます。
  • 営業ツールとしての活用: 営業担当者は比較表を使用して、顧客の疑問や懸念に対応し、自社の製品やサービスの優れた点を強調することができます。
  • 価格戦略の策定: 競合他社の価格戦略を理解し、自社の価格設定を適切に調整することができます。

事業戦略立案(企画)での競合他社比較表

項目自社競合A社競合B社
製品の特長高耐久性省エネ性コンパクト
価格帯中価格帯高価格帯低価格帯
市場シェア25%35%15%
主なターゲット層若者中高年者全年齢層
アフターサービス24時間対応平日のみなし
技術的な強みAI技術省エネ技術軽量技術
展開している地域全国都市部のみ地方中心
事業戦略立案時の競合他社比較表サンプル

事業戦略立案における競合他社比較表の意義

競合他社比較表を使用することで、自社の製品やサービスが市場内でどのような位置にあるのか、どのような強みや弱みを持っているのかを視覚的に理解することができます。

また、市場の動向や顧客のニーズ、技術の進化など、外部環境の変化に迅速に対応するための情報を提供します。このような情報は、新しい製品の開発やマーケティング戦略の策定、価格設定など、経営上の重要な意思決定を行う際の基盤となります。

具体的な手順について

  1. 目的の明確化: 何を調査するのか、どのような情報を得たいのかを明確にします。
  2. 競合他社の特定: 主要な競合他社をリストアップします。業界レポートや市場調査データを参照すると良いでしょう。
  3. 情報収集: 競合他社の公式ウェブサイト、年次報告書、プレスリリースなどの公開情報を基に、製品やサービスの特徴、価格、販売戦略などの情報を収集します。
  4. フィールド調査: 実際に競合他社の製品を購入してみたり、店舗や展示会を訪れて情報収集を行うことも有効です。
  5. 比較表の作成: 収集した情報をもとに、競合他社と自社の製品やサービスを比較する表を作成します。この際、客観的なデータを中心に、偏見や先入観を排除した情報を掲載することが重要です。

競合他社比較表を踏まえた戦略立案の方法

競合他社比較表を元に戦略を立案する際は、以下のステップを踏むと効果的です。

  1. 自社の強み・弱みの特定: 比較表を見ながら、自社の製品やサービスが競合他社に比べてどのような強みや弱みを持っているのかを明確にします。
  2. 市場のニーズの把握: 競合他社が提供していないニーズやギャップを特定し、それを満たすための新しい製品やサービスの開発の方向性を決めます。
  3. 価格戦略の策定: 競合他社の価格戦略を参考にして、自社の価格設定を見直すことができます。
  4. マーケティング戦略の策定: 自社の製品やサービスの強みを強調するためのマーケティング戦略を策定します。これには、広告やプロモーション、セールスプロモーションなどの手法が考えられます。
  5. 戦略の実行と評価: 立案した戦略を実行し、定期的にその効果を評価します。必要に応じて戦略を修正することで、市場での競争力を維持・向上させることができます。

これらのステップを踏むことで、競合他社比較表を最大限に活用し、効果的な戦略を立案することができます。

マーケティングでの競合他社比較表

項目自社競合A社競合B社
製品の特長高耐久性省エネ性コンパクト
価格¥10,000¥15,000¥8,000
ユーザーレビュー★★★★☆★★★☆☆★★★★☆
送料無料¥500¥1,000
保証期間3年1年2年
サポート体制チャット対応電話のみメールのみ
お得なキャンペーンありなしあり
Webサイトへの掲載用の競合他社比較表

マーケティングでの競合他社比較表の用途

  • 新製品やサービスのプロモーション材料としての活用。
  • ターゲットとする顧客層に対して、自社の製品やサービスの優れた点を強調するための資料作成。

マーケティングでの競合他社比較表の意義や利用シチュエーション

  • 新製品のローンチ時やキャンペーン時に、自社製品の競合他社製品との差別化を明確に伝えるため。
  • セミナーや展示会などのイベントで、参加者や訪問者に自社の強みをアピールする材料として使用。
  • サプライヤー選定中の顧客に向けてのWeb上での一次的な情報提供。

作成手順

  1. 経営企画部が制作した競合他社比較表を基に、ターゲットとする顧客層が重視するポイントを中心に情報を絞り込む。
  2. グラフィックデザインやビジュアルを効果的に使用して、視覚的にわかりやすい比較表を作成。
  3. 自社の製品やサービスの強みや特長を強調するポイントをハイライトする。

コンプライアンス上の留意点

  • 競合他社の情報は正確かつ公平に表現すること。
  • 誤解を招くような表現や偏った情報の提供は避けること。

営業

項目自社競合A社競合B社
製品の特長高耐久性省エネ性コンパクト
価格¥10,000¥15,000¥8,000
導入実績500社以上300社100社
サポート体制24時間対応平日のみなし
納期1週間2週間3週間
カスタマイズ可能性高い低い
追加オプション多数限られるなし
営業での顧客手交用の競合他社比較表

営業における競合他社比較表の用途

  • 営業ミーティングや商談時に、顧客に自社製品の価値を伝えるための資料として活用。
  • 顧客の疑問や懸念に対応するためのリファレンスとして使用。

営業における競合他社比較表の意義や利用シチュエーション

  • 新規の見込み客や既存の顧客との商談時に、自社製品の競合他社製品との差別化を明確に伝えるため。
  • 顧客からの質問や比較に関する疑問に対して、具体的なデータや情報をもとに迅速に回答するため。
  • 顧客社内の稟議決裁に対する情報提供として(顧客の手間を省くため)。

作成手順

  1. 経営企画部が制作した競合他社比較表を基に、営業活動でよく取り上げられるポイントを中心に情報を絞り込む。
  2. 顧客が最も関心を持つであろうポイントをハイライトし、簡潔かつ分かりやすい形式で表現。
  3. 営業担当者が商談時に即座に参照できるよう、ポータブルなフォーマット(例: パンフレットやデジタル資料)での提供を検討。

コンプライアンス上の留意点

  • 競合他社の情報は正確かつ公平に表現すること。誤った情報や誇大広告は避けること。
  • 顧客のプライバシーや機密情報に関する情報は、比較表に含めないこと。

金融機関にお勤めですか?
匿名アンケートのご協力をお願いします!

より良い教育プログラム開発のため、
3分程度で終わるアンケートにご協力いただけませんでしょうか?
猿樂 昌之

猿樂 昌之

猿樂事務所(同 つむぐ人たち)の代表です。金融機関向け研修での補足情報や経営の知見を発信しております。よろしければSNSをフォローください。

こちらの記事も読まれています

独自リサーチ

  1. 銀行の「アルムナイ(卒業生組織)」はワークするのか?

  2. 『フジ子さん』を体験|オンライン・アシスタントが業務に与えるインパクト!活用法、メリット・デメリットまで

  3. 文章生成AIで、オウンドメディアをスピード構築できるか?手順・プロンプト・注意点まで実体験から徹底解説

  4. 注目のIBJ(東証:6071)結婚相談所加盟店の無料説明会に参加してきました

あわせてお読みください

  1. 「資金繰り表」の基本ガイド;図表でわかりやすい解説と関数入りフォーマット

  2. リーダーシップ理論8選;優れたリーダーとはどのようなリーダーなのか?どう育成するか?

  3. チャネル政策|開放的・選択的・専属的(排他的)とは?メリットデメリットや商品との相性

  4. モチベーション理論12選;組織を考える上で知っておきたい行動源泉ロジック

  5. 組織改善の施策15選

  6. 企業変革理論6選;ロジックを踏まえたチェンジマネジメントを

  7. 資金繰り「悪化」要因とシグナル17選;典型的なパターンをおさえておこう

  8. 探索財、経験財、信頼財|商品特性を理解したマーケティングを

  9. 金融機関による資金繰り表の評価と対応のポイント

メールマガジン登録

TOP