講義ノート

レヴィンの解凍・変革・再凍結モデルの全てをわかりやすく解説

レヴィンの解凍・変革・再凍結モデルとは何か?

レヴィンの解凍・変革・再凍結モデルは、組織や社会の慣習などを氷のように固まりきった状態と考え、想念や行動の変化を促すために、まずその固まりを解凍する過程が必要であると提唱しました。

クルト・レヴィン(Kurt Lewin、1890年–1947年)

社会心理学、組織心理学、応用心理学など多くの分野で重要な貢献をした心理学者です。彼はドイツ生まれで、ナチスの台頭を受けてアメリカに移住しました。レヴィンは「場の理論(Field Theory)」を提唱し、人々の行動はその人自身と環境との相互作用によって決まると考えました。この理論は、個人と環境が一つの「場」を形成し、その場が行動に影響を与えるというものです。レヴィンはまた、グループダイナミクスの研究でも知られています。彼は小グループ内の力関係、リーダーシップ、意見形成などについての実験と理論構築を行いました。レヴィンの研究は、組織行動、教育、治療など多くの応用分野に影響を与えています。さらに、行動の変容や態度の変化についても研究し、特に「行動研究」の手法を用いて社会的問題に取り組むことの重要性を強調しました。彼の業績は、心理学だけでなく、経営学、教育学、社会学など、多くの学問分野に影響を与えています。

レヴィンの解凍・変革・再凍結モデルの概念

レヴィンの解凍・変革・再凍結モデルは、社会心理学の父とも呼ばれるドイツの社会心理学者クルト・レヴィンによって提唱され、その業績が組織論やマネジメント論にも影響を与えました。

解凍組織や個人の現状の習慣や固定概念を見つめ直し、その変化の必要性を認識する過程。この解凍ができることにより、新しい観念や行動の導入が可能になる。
変革新たな価値観や方法を導入し、変化を進行させる過程
再凍結新たに導入された価値観や方法が定着し、新たな習慣や固定概念となる過程を指し、これにより変化が定着する。

レヴィンの解凍・変革・再凍結モデルの起源

レヴィンの解凍・変革・再凍結モデルは、戦後の社会変化の中で提唱されました。

クルト・レヴィンは、組織や個人の行動変化についての研究を行い、その成果が組織論やマネジメント論に取り入れられました。レヴィンがモデルを提唱した背景には、組織や個人が、変化を求められる時代背景や状況下でどのように進化していくべきかを解析しようとする試みがありました。

このモデルの特徴的なところは、変化は静的なものではなく、一連の過程を経ることにより起こるという視点です。そしてそれぞれの過程が重要であり、それぞれがうまく機能しなければ、効果的な変化は起こせないと考えられていました。これにより、組織や個人が直面する問題解決や革新に向けた手法として多くの研究者や実務家によって参照・活用されてきました。

各段階の詳細

解凍(Unfreezing)

解凍フェーズは、既存の状態や態度、行動パターンが問題視され、変更の必要性が認識される段階です。このフェーズでは、個人や組織は現状に対する満足度が低下し、変革の必要性を感じ始めます。解凍のプロセスはしばしば不安や混乱を伴いますが、これは新しい可能性を探る動機となります。

この段階で重要なのは、問題意識を高めることです。これには、データ分析、フィードバック、対話などが用いられることが多い。組織内であれば、リーダーシップが非常に重要な役割を果たします。リーダーは、変革の必要性を明確にし、その方向性を示すことで、メンバーを新しい状態に適応させる準備を整えます。

変革(Changing)

変革フェーズは、新しい概念、スキル、態度、または行動が導入される段階です。解凍フェーズで認識された問題やニーズに対する具体的な解決策がこのフェーズで試行されます。この段階では、新しい情報の取り入れ、スキルの習得、態度の修正などが行われます。

変革はしばしば抵抗に遭遇します。人々は新しい方法や考え方に慣れるのに時間がかかる場合があります。この抵抗を乗り越えるためには、十分なコミュニケーション、トレーニング、サポートが必要です。また、小さな成功を積み重ねることで、変革が正しい方向に進んでいるという確信を得ることが重要です。

再凍結(Refreezing)

再凍結フェーズは、新しい概念や行動が定着し、組織や個人の新しい「通常」が形成される段階です。このフェーズでは、新しい方法や態度が日常的になり、以前の状態に戻ることなく安定します。再凍結は、新しい状態が持続するようにその状態を固定化するプロセスです。

この段階で重要なのは、新しい状態を維持・強化するための仕組みを作ることです。これには、ポリシーの改訂、報酬システムの調整、フィードバックメカニズムの導入などが含まれる場合があります。再凍結が成功すると、組織や個人は新しい状態に適応し、それが新たなステータスクオとなります。

他の変革モデルとの比較

レヴィンの凍結・変革・再凍結モデルとジョン.P.コッターの変革の8段階と比較してみます。どちらも組織や個人が変革を遂げるプロセスを理解するためのフレームワークですが、いくつかの重要な違いがあります。

シンプリシティと複雑性

レヴィンのモデルは非常にシンプルで、3つの主要なフェーズ(解凍、変革、再凍結)で構成されています。コッターのモデルはより詳細で、8つの具体的なステップを提供しています。

着目点

レヴィンは心理学的な側面に重点を置き、個人と環境の相互作用を強調しています。コッターは組織行動とリーダーシップに焦点を当て、組織全体での変革を促進するためのステップを詳述しています。

柔軟性

レヴィンのモデルは抽象的なので、多様な状況やコンテキストに適用可能です。コッターのモデルはよりプリスクリプティブ(処方的)であり、特定のステップを特定の順序で実行することが推奨されています。

実装の具体性

レヴィンのモデルは、変革の心理学的側面を理解するための一般的なフレームワークを提供しますが、具体的な実行ステップは少ないです。コッターのモデルは、変革を成功させるための具体的な行動と戦略について具体的なガイダンスを提供します。

両モデルはそれぞれの文脈で有用ですが、レヴィンのモデルは変革の必要性と心理的側面に焦点を当て、コッターのモデルはその実行により具体的な指針を提供します。よって、多くの場合、これらのモデルは補完的に使用されることがあります。

金融機関にお勤めですか?
匿名アンケートのご協力をお願いします!

https://tsumugu-hit.org/wp-content/uploads/2024/05/027_Sarugakus_Profile-500x500.jpg

より良い教育プログラム開発のため、
3分程度で終わるアンケートにご協力いただけませんでしょうか?

もうやめませんか?
ムダな教材にお金をかけるの。

単調な説明動画、エンタメ要素ゼロ、ひたすら長い動画…
令和ではそんな教材、誰も観てませんから!
観ている方も手に汗握ってしまうような
そんな臨場感ある商談の現場を再現してOJTを強化しませんか?

猿樂 昌之

猿樂 昌之

猿樂事務所(同 つむぐ人たち)の代表です。金融機関向け研修での補足情報や経営の知見を発信しております。よろしければSNSをフォローください。

こちらの記事も読まれています

トレンド体験レポート

  1. 銀行の「アルムナイ(卒業生組織)」はワークするのか?

  2. 『フジ子さん』を体験|オンライン・アシスタントが業務に与えるインパクト!活用法、メリット・デメリットまで

  3. 文章生成AIで、オウンドメディアをスピード構築できるか?手順・プロンプト・注意点まで実体験から徹底解説

  4. 注目のIBJ(東証:6071)結婚相談所加盟店の無料説明会に参加してきました

あなたにおすすめの記事

  1. モチベーション理論12選;組織を考える上で知っておきたい行動源泉ロジック

  2. 組織改善の施策15選

  3. 「資金繰り表」の基本ガイド;図表でわかりやすい解説と関数入りフォーマット

  4. チャネル政策|開放的・選択的・専属的(排他的)とは?メリットデメリットや商品との相性

  5. 金融機関による資金繰り表の評価と対応のポイント

  6. 企業変革理論6選;ロジックを踏まえたチェンジマネジメントを

  7. 探索財、経験財、信頼財|商品特性を理解したマーケティングを

メールマガジン登録

金融機関にお勤めですか?

匿名アンケートのご協力を
お願いします!(所要時間3分程度)


TOP