講義ノート

チャネル政策|開放的・選択的・専属的(排他的)とは?メリットデメリットや商品との相性

チャネル政策は、企業の目的、ブランドのポジショニング、ターゲット市場によって選択されます。適切な政策を選ぶことで、効果的な市場浸透とブランドの価値向上を実現することができます。

開放的チャネル政策 (Open Channel Policy)

開放的チャネル政策は、製品やサービスを広範囲の流通経路や小売業者に提供する戦略です。この政策の主な目的は、製品の可視性を最大化し、消費者が製品を簡単に手に入れられるようにすることです。多くの場合、一般的な消費財や大量生産される製品で採用されます。しかし、広範囲の流通経路を管理するのは難しく、ブランドの価値が低下するリスクもあります。

開放的チャネル政策メリット

  1. 市場浸透: 製品が多くの流通経路や小売業者を通じて提供されるため、市場浸透が高まります。
  2. 顧客の利便性: 顧客は多くの場所で製品を見つけることができ、購入の際の利便性が向上します。
  3. 高い販売量: 広範囲の流通経路を持つことで、販売量の増加が期待できます。
  4. 競争力の強化: 製品が広範囲に展開されることで、競合他社との競争において優位に立つことができます。

開放的チャネル政策のデメリット

  1. ブランド価値の低下: 製品があらゆる場所で手に入るため、ブランドの独自性や特別感が失われる可能性があります。
  2. 流通経路の管理困難: 多くの流通経路や小売業者との関係を管理するのは難しく、品質の一貫性を維持するのが難しい場合があります。
  3. 価格競争: 複数の小売業者が同じ製品を取り扱うことで、価格競争が激化し、利益率が低下するリスクがあります。

このチャネル政策を採用すべき商品群:

  1. 一般消費財: 日常的に使用される商品や食品など、広範囲の顧客に向けて提供する必要がある商品。
  2. 大量生産される製品: 生産コストを低く抑えるために大量に生産される製品。
  3. 短い商品サイクルの製品: トレンドに左右されやすい、または短期間で新しいモデルやバージョンが登場する製品。
  4. 広告やプロモーションを積極的に行う製品: 広告やプロモーション活動を通じて高い認知度を持つ製品。

開放的チャネル政策は、製品の特性や市場の状況に応じて適切に選択することが重要です。

選択的チャネル政策 (Selective Channel Policy)

選択的チャネル政策は、特定の基準を満たす小売業者だけに製品を提供する戦略です。これにより、ブランドのイメージを維持しつつ、流通経路の質を確保することができます。選択的チャネル政策を採用する企業は、ブランドの価値を高めるために、特定の小売業者との独占的な関係を築くことが多いです。

選択的チャネル政策 (Selective Channel Policy) に関して、以下の通り詳しく説明いたします。

選択的チャネル政策メリット

  1. ブランドの品質管理: 限定された流通経路を通じて製品を提供することで、ブランドの品質やイメージを一貫して維持することが容易になります。
  2. 良好なパートナーシップ: 選ばれた小売業者との関係を深化させ、長期的なパートナーシップを築くことができます。
  3. 価格の統一性: 限定された流通経路を持つことで、価格の統一性を保ちやすくなります。
  4. 特定のターゲット層への効果的なアプローチ: 特定の顧客層をターゲットとすることができ、マーケティング活動を効果的に行うことができます。

選択的チャネル政策デメリット

  1. 市場浸透の制限: 限定された流通経路を持つため、市場浸透が制限される可能性があります。
  2. 販売機会の損失: 広範囲の顧客に製品を提供できないため、販売機会を逃すリスクがあります。
  3. 流通経路の依存: 限られた小売業者に依存することで、その小売業者のビジネス状況や決定に影響を受けるリスクがあります。

このチャネル政策を採用すべき商品群

  1. 高価格帯の製品: 高い価格帯の製品や高級ブランドの商品。
  2. 専門的な製品: 特定の知識やスキルが必要な製品や、特定の顧客層をターゲットとする製品。
  3. アフターサービスが重要な製品: 製品の使用後に継続的なサポートやメンテナンスが必要な製品。
  4. ブランドイメージの維持が重要な製品: ブランドのイメージや価値を維持することが特に重要な製品。

専属的(排他的)チャネル政策 (Exclusive Channel Policy)

専属的チャネル政策は、製品を一つまたはごく限られた数の小売業者だけに提供する戦略です。この政策は、高級ブランドや特定の市場ニッチをターゲットとする製品でよく採用されます。専属的な流通経路を通じて、ブランドの独自性や高級感を強化することができます。しかし、市場のリーチが限られるため、十分な市場認知度を確保することが重要です。

専属的(排他的)チャネル政策メリット

  1. 強力なブランドイメージ: 限定的な流通経路を通じて製品を提供することで、ブランドの独自性や高級感を強化することができます。
  2. 高い利益率: 限定的な流通経路を持つことで、価格の統一性を保ち、高い利益率を維持することが容易になります。
  3. 独占的なパートナーシップ: 限定的な小売業者との独占的な関係を築くことができ、深いパートナーシップを構築することができます。
  4. 品質管理: 小売業者が限られているため、品質の一貫性やアフターサービスの品質を維持するのが容易です。

専属的(排他的)チャネル政策デメリット

  1. 限定的な市場浸透: 非常に限られた流通経路を持つため、市場浸透が制限される可能性があります。
  2. 販売機会の制限: 製品を提供する場所が限られているため、販売機会を逃すリスクが高まります。
  3. 流通経路のリスク: 限られた小売業者に大きく依存することで、その小売業者のビジネス状況に大きく影響を受けるリスクがあります。

このチャネル政策を採用すべき商品群

  1. 高級ブランドの製品: 高価格帯の製品や、特定の顧客層をターゲットとする高級ブランドの商品。
  2. 限定版や特別な製品: 限定版や特別なコラボレーション製品など、数量が限られている製品。
  3. 専門的なサービスや製品: 特定の知識やスキルが必要な製品、または特別なアフターサービスが必要な製品。
  4. ブランドの独自性を強調したい製品: ブランドの独自性や特別感を強調したい製品や、ブランドのイメージを維持することが特に重要な製品。

専属的(排他的)チャネル政策は、製品の特性やブランドのポジショニング、市場の特性に応じて適切に選択することが重要です。

金融機関にお勤めですか?
匿名アンケートのご協力をお願いします!

より良い教育プログラム開発のため、
3分程度で終わるアンケートにご協力いただけませんでしょうか?
猿樂 昌之

猿樂 昌之

猿樂事務所(同 つむぐ人たち)の代表です。金融機関向け研修での補足情報や経営の知見を発信しております。よろしければSNSをフォローください。

こちらの記事も読まれています

独自リサーチ

  1. 銀行の「アルムナイ(卒業生組織)」はワークするのか?

  2. 『フジ子さん』を体験|オンライン・アシスタントが業務に与えるインパクト!活用法、メリット・デメリットまで

  3. 文章生成AIで、オウンドメディアをスピード構築できるか?手順・プロンプト・注意点まで実体験から徹底解説

  4. 注目のIBJ(東証:6071)結婚相談所加盟店の無料説明会に参加してきました

あわせてお読みください

  1. 「資金繰り表」の基本ガイド;図表でわかりやすい解説と関数入りフォーマット

  2. 探索財、経験財、信頼財|商品特性を理解したマーケティングを

  3. 金融機関による資金繰り表の評価と対応のポイント

  4. チャネル政策|開放的・選択的・専属的(排他的)とは?メリットデメリットや商品との相性

  5. リーダーシップ理論8選;優れたリーダーとはどのようなリーダーなのか?どう育成するか?

  6. 企業変革理論6選;ロジックを踏まえたチェンジマネジメントを

  7. 組織改善の施策15選

  8. モチベーション理論12選;組織を考える上で知っておきたい行動源泉ロジック

  9. 資金繰り「悪化」要因とシグナル17選;典型的なパターンをおさえておこう

メールマガジン登録

TOP