講義ノート

PEST分析のわかりやすい手順と利用法

PEST分析の基本的な理解

企業の経営戦略を立てる上で、外部環境を的確に理解することは極めて重要です。そのために活用されるのがPEST分析という手法です。ここでは、その基本的な理解としてPEST分析の定義、その必要性、利点と限界について解説していきます。

PEST分析とは?

PEST分析は、政治(Political)、経済(Economic)、社会(Social)、技術(Technological)の4つの要素に分解して、企業が事業を展開する上での外部環境を評価するフレームワークです。

政治(Political)経済(Economic)
社会(Social)技術(Technological)
PEST分析

外部環境と言うのは、企業単独ではコントロールできないが、事業成功に直結する要素の集まりであり、それを整理、評価することは企業戦略立案の初歩とも言える重要なステップなのです。PEST分析はこのような役割を持っています。

PEST分析の必要性

事業を成功させるためには、自社の内部状況だけでなく、時代の流れや社会全体の動向、その産業が向かう方向なども把握する必要があります。

これらは政治、経済、社会、技術の視点から見るとそれぞれ異なる影響を及ぼします。

PEST分析を通じてこれらを理解し、対策を立てていくことが求められます。

PEST分析の利点と限界

PEST分析の最大の利点は、企業が直面する外部環境を四つの視点から体系的に把握することができる点です。これにより、戦略策定やビジネスプランの立案において、より総合的な視野を持つことができます。それぞれの要素は互いに関連し影響を及ぼすため、一つ一つを分析することで幅広い視点から理解することが可能となります。

しかし、限界もあります。PEST分析は大きな視点から外部環境を見るツールであるため、具体的な戦略を立案する際には、更に細かい分析が必要になるのです。

PEST分析の詳細な要素

各要素がビジネスに与える影響力を考えることで、組織が現在と未来のチャレンジや機会を理解し、ストラテジーを形成するための洞察を提供します。

政治的要素(Political)

政治的要素は、法制度や行政の方針、政治の安定性などが該当します。

これらは組織の業績に大きな影響を与える可能性があります。

例えば、政府の政策変更により、新たな規制が導入されれば企業はその変化に対応する必要がありますし、関税や輸出入のルールが変更されれば、企業の貿易環境も変わります。また、政治的不安定性が高まれば、ビジネスのリスク要因が増えることになります。

これら政治的要素を理解し分析することで、企業は適切な事業戦略を策定することができるのです。

経済的要素(Economic)

経済的要素とは、経済状況や市場の動向、通貨政策などが該当します。

これらの要素は、組織の売上や利益、さらには事業の存続に直結する要素で、非常に重要な影響力を持っています。

例えば、経済の好調不調によって、消費者の購買意欲が変動することもありますし、金利の高低により企業の借り入れコストが変わります。

これら経済的要素をよく理解し、適応することで、事業の成長と持続性を確保することが可能になります。

社会的要素(Societal)

社会的要素とは、社会の風潮や消費者のライフスタイル、人口動態などが該当します。

これらは、企業の商品やサービスに対する需要を直接的に影響します。

例えば、人口の高齢化が進めば、高齢者向けの商品やサービスの需要が増加するでしょうし、環境保護意識の高まりにより、エコフレンドリーな商品への需要が高まるかもしれません。

これら社会的要素を把握することで、企業は消費者のニーズに対応した製品開発やマーケティングを進めることができます。

技術的要素(Technological)

技術的要素とは、科学技術の進歩やイノベーション、技術基準などが該当します。

これらは、企業の事業モデルや商品・サービスの開発、業務プロセスに大きな影響を与えます。

例えば、AIやIoTなどの新しいテクノロジーが発展すれば、ビジネスの効率化や新たなビジネスモデルの創出が可能になります。また、技術進化は常に新たな市場の開拓や産業の創出を引き起こすので、変化を先取りすることが企業の競争力を維持、向上するために重要なのです。

PEST分析の具体的な活用例

PEST分析は、経済環境の変化を予測し、事業戦略を策定するための重要な手法です。

新規事業の評価

新規事業を立ち上げる際、PEST分析はその可能性を評価するのに役立ちます。

政治面で例えば法制度の影響、経済面では市場動向や消費者の購買力、社会面ではライフスタイルの変化や人口動態、テクノロジー面では技術の進化や革新について調査し、その結果を基に新規事業の存続性や成長性を精査します。

これによって、見えてこなかった障壁やビジネスチャンスを発見することができます。

既存事業の見直し

また、既存の事業に対してもPEST分析は有効です。

外部環境は常に変わりますので、定常的にPEST分析を行い、事業の潜在的なリスクやリストラクチャリングの要否を確認すべきです。例えば、新たな政策の施行により事業展開が困難になった場合や、逆に経済状況の改善により事業の拡大が可能になった場合など、外部環境の変化を見逃さず、早急に事業戦略の修正に取り組むことが求められます。

競争優位の確保

業界における競争優位を獲得するためにも、PEST分析を活用しましょう。

競合他社と同じ情勢下にあっても、その情報をどのようにキャッチし、どれだけ早く対応するかが成功の鍵となります。PEST分析を定期的に行うことで、予期せぬ環境の変化への対応力を強化し、より変化に強い組織づくりに寄与します。これにより、業界内での競争優位を持続的に保つことが可能となります。

金融機関にお勤めですか?
匿名アンケートのご協力をお願いします!

より良い教育プログラム開発のため、
3分程度で終わるアンケートにご協力いただけませんでしょうか?
猿樂 昌之

猿樂 昌之

猿樂事務所(同 つむぐ人たち)の代表です。金融機関向け研修での補足情報や経営の知見を発信しております。よろしければSNSをフォローください。

こちらの記事も読まれています

トレンド体験レポート

  1. 銀行の「アルムナイ(卒業生組織)」はワークするのか?

  2. 『フジ子さん』を体験|オンライン・アシスタントが業務に与えるインパクト!活用法、メリット・デメリットまで

  3. 文章生成AIで、オウンドメディアをスピード構築できるか?手順・プロンプト・注意点まで実体験から徹底解説

  4. 注目のIBJ(東証:6071)結婚相談所加盟店の無料説明会に参加してきました

あなたにおすすめの記事

  1. チャネル政策|開放的・選択的・専属的(排他的)とは?メリットデメリットや商品との相性

  2. 企業変革理論6選;ロジックを踏まえたチェンジマネジメントを

  3. モチベーション理論12選;組織を考える上で知っておきたい行動源泉ロジック

  4. リーダーシップ理論8選;優れたリーダーとはどのようなリーダーなのか?どう育成するか?

  5. 金融機関による資金繰り表の評価と対応のポイント

  6. 組織改善の施策15選

  7. 資金繰り「悪化」要因とシグナル17選;典型的なパターンをおさえておこう

  8. 探索財、経験財、信頼財|商品特性を理解したマーケティングを

  9. 「資金繰り表」の基本ガイド;図表でわかりやすい解説と関数入りフォーマット

メールマガジン登録

TOP