講義ノート

規模の経済性と経験曲線の違いを具体例も入れて分かりやすく解説

この記事は、猿樂事務所にて制作されました。弊所について
当サイトは収益化されており、本文内に広告を含みます。詳細

経営理論において、混同されやすい規模の経済性と経験曲線の違いを解説します。どちらも平易な言葉で解説すると「たくさん作れば1単位のコストが下がる」という理論ですが、どのような違いがあるかご確認ください。

金融機関にお勤めですか?
匿名アンケートのご協力をお願いします!

より良い教育プログラム開発のため、
3分程度で終わるアンケートにご協力いただけませんでしょうか?

規模の経済性とは

規模の経済性とは、一定の投資に対してその成果や効果が規模に応じてどのように変化するかを示す経済学の概念です。規模が大きければ大きいほど、一律の投資や労力に対する成果が大きくなる現象を表します。

規模の経済性の具体的な例

規模の経済性(スケールの経済)は、企業や組織が規模を拡大することで、単位あたりのコストが減少する現象を指します。以下は、規模の経済性が顕著に現れる具体例です。

製造業

  1. 石油精製: 大規模な精製プラントは、小規模なものよりも効率的に石油を精製できます。これは、大量の原料を一度に処理することで、単位あたりのコストが下がるからです。
  2. 半導体製造: 大規模な製造施設は、より多くのチップを一度に生産できるため、単位あたりのコストが低くなります。

小売業

  1. スーパーマーケットチェーン: 大量に商品を仕入れることで、単位あたりの仕入れ価格が下がります。
  2. オンライン小売業: アマゾンなどの大規模なオンライン小売業者は、大量の商品を効率よく配送できる物流システムを持っています。

サービス業

  1. 銀行: 大規模な銀行は、多くの顧客を持つことで、各種サービスの単位あたりのコストを下げることができます。
  2. ホテルチェーン: 大規模なホテルチェーンは、一括で消耗品や食材を購入することで、単位あたりのコストを削減できます。

エネルギー

  1. 太陽光発電: 大規模な太陽光発電所は、小規模なものよりも効率的に電力を生成できます。
  2. 水力発電: 大きなダムは、小さなものよりも効率的に電力を生成でき、単位あたりのコストが低くなります。

経験曲線とは

経験曲線とは、一定の作業や活動を繰り返し行なうことで、その効率やパフォーマンスが向上する傾向を示した曲線のことを指します。

企業が製品を作るうえで、同じ製品を何度も生産すれば、それぞれの作業者が技術的なスキルをどんどんと上達させ、時間効率やコスト効率が向上するという事実をグラフ化した曲線の一つです。

経験曲線を利用した具体的な例

製造業

  1. 航空機製造: 初めてジェット機を製造する際には多くのコストがかかりますが、製造プロセスが標準化され、効率が向上するにつれて、次第に単位あたりのコストが下がっていきます。
  2. 自動車製造: モデルが成功すれば、生産量が増加し、部品の大量購入や効率的な製造ラインの設計によって、単位あたりのコストが減少します。

ソフトウェアとテクノロジー

  1. ソフトウェア開発: 初めてのプロジェクトでは多くのバグや問題が発生する可能性がありますが、経験を積むことで開発速度が上がり、品質も向上します。
  2. データセンター運用: 最初はエネルギーコストや冷却コストが高いかもしれませんが、最適化によってこれらのコストは減少します。

サービス業

  1. レストラン: 初めての店舗では多くの課題がありますが、プロセスが洗練されると、食材の仕入れからサービスまでの効率が向上します。
  2. コールセンター: 最初はオペレーターが不慣れで効率が悪いかもしれませんが、経験とトレーニングによって改善されます。

規模の経済性と経験曲線の主な違い

「規模の経済性」と「経験曲線」は生産性の観点から密接に関連していますが、その本質的特性や影響要素には明確な相違点が存在しています。

規模拡大と学習効果の違い

規模の経済性(経済規模)とは、企業が生産量を増やすことでコスト効率が向上する現象を指します。一方、経験曲線(学習曲線)は、経験や習熟を通じて労働者のスキルが向上し、結果として生産効率が向上する現象を指します。

規模の経済性は、一般に生産工程や設備投資の規模拡大によって発生し、コスト効率の改善をもたらす一方、経験曲線は個々の労働者のスキル向上や現場の改善活動によって生産効率が高まることが特徴です。

対象範囲の違い

規模の経済性と経験曲線の違いには、対象となる範囲の差も大きく影響しています。規模の経済性は、企業全体の規模拡大を対象としているため、全体の生産機能や設備投資などを考慮することが多いです。

一方、経験曲線は、個々の労働者や作業チームの生産活動と直結しており、人間の学習効果や経験、知識の蓄積によって生じる効率の向上を扱うため、対象範囲がより局所的であると言えます。

影響を受ける要素の違い

規模の経済性と経験曲線が影響を受ける要素も異なります。規模の経済性は一般に、設備の大型化や生産ラインの一部門化、生産プロセスの自動化などにより生じます。これらは物的資源の効率的な活用が中心となる要素です。

一方、経験曲線は、労働者のスキル向上や能力の向上、作業のスムーズさなど人的要素が大きく関わります。これらは、時間の経過と共に蓄積される経験や知識により発生する効果であり、その要素は人的リソースの経験と学習による効率的な活用に関連しています。

[弊所ご支援先PR]
PRTIMES STORYにて配信
よろしければご一読ください

金融機関にお勤めですか?
匿名アンケートのご協力をお願いします!

より良い教育プログラム開発のため、
3分程度で終わるアンケートにご協力いただけませんでしょうか?
猿樂 昌之

猿樂 昌之

猿樂事務所(同 つむぐ人たち)の代表です。金融機関向け研修での補足情報や経営の知見を発信しております。よろしければSNSをフォローください。

こちらの記事も読まれています

メールマガジン登録

独自リサーチ

  1. 『フジ子さん』を体験|オンライン・アシスタントが業務に与えるインパクト!活用法、メリット・デメリットまで

  2. 文章生成AIで、オウンドメディアをスピード構築できるか?手順・プロンプト・注意点まで実体験から徹底解説

  3. 注目のIBJ(東証:6071)結婚相談所加盟店の無料説明会に参加してきました

こちらもおすすめ

  1. モチベーション理論12選;組織を考える上で知っておきたい行動源泉ロジック

  2. チャネル政策|開放的・選択的・専属的(排他的)とは?メリットデメリットや商品との相性

  3. 企業変革理論6選;ロジックを踏まえたチェンジマネジメントを

  4. 探索財、経験財、信頼財|商品特性を理解したマーケティングを

  5. 組織改善の施策15選

  6. リーダーシップ理論8選;優れたリーダーとはどのようなリーダーなのか?どう育成するか?

TCD|WordPressでホームページ作ります はじめてでも安心!サーバー契約からサポートします

メールマガジン登録

金融機関職員アンケート

TOP