講義ノート

デジタルマーケティング用語

デジタルマーケティングにおけるこれらの用語は、消費者の購買行動や企業の販売戦略に関連する重要な概念を表しています。以下、各用語について詳しく解説します。

ブラウジング

ブラウジングとは、インターネット上でウェブサイトを閲覧することを指します。消費者が商品やサービスについて情報を収集する際に行われ、意思決定プロセスの初期段階で重要な役割を果たします。デジタルマーケティングでは、消費者が製品やサービスに関心を持ちやすくするために、魅力的で有用なコンテンツを提供することが求められます。

CGM (Consumer Generated Media)

CGMは「消費者生成メディア」の略で、消費者自身が作成し公開するコンテンツを指します。これには、SNSでの口コミ、ブログ記事、レビューサイトでの評価、YouTubeでのレビュー動画などが含まれます。企業にとってCGMは重要な情報源であり、ポジティブなCGMを増やし、ネガティブなCGMに対処することはブランドイメージや販売促進に直接影響します。

ショールーミング

ショールーミングは、実店舗で商品を見て試した後、インターネットでより安い価格を探して購入する消費者行動を指します。この現象は、オンラインとオフラインの価格差を利用する消費者の賢明な購買戦略とされています。小売業者はこの行動に対処するため、オンラインとオフラインの価格一致や、店舗独自の付加価値を提供することで顧客の購入を促します。

ウェブルーミング

ウェブルーミングは、ショールーミングの逆で、消費者がオンラインで情報収集や商品比較を行った後、実店舗で実際に商品を購入する行動を指します。この行動は、オンラインでの情報収集の便利さと、店舗での商品の実物確認や即時性を組み合わせた購買行動と言えます。小売業者にとっては、オンラインとオフラインの連携を強化することが重要です。

オムニチャネル

オムニチャネル戦略は、オフラインの実店舗、オンラインショップ、モバイルアプリ、ソーシャルメディアなど、複数の販売チャネルを統合して、消費者にシームレスな購買体験を提供することを目指します。これにより、消費者はどのチャネルからでも一貫したサービスや商品情報を得られるようになります。オムニチャネル戦略は顧客満足度の向上やブランドロイヤリティの強化に貢献します。

金融機関にお勤めですか?
匿名アンケートのご協力をお願いします!

より良い教育プログラム開発のため、
3分程度で終わるアンケートにご協力いただけませんでしょうか?
猿樂 昌之

猿樂 昌之

猿樂事務所(同 つむぐ人たち)の代表です。金融機関向け研修での補足情報や経営の知見を発信しております。よろしければSNSをフォローください。

こちらの記事も読まれています

独自リサーチ

  1. 銀行の「アルムナイ(卒業生組織)」はワークするのか?

  2. 『フジ子さん』を体験|オンライン・アシスタントが業務に与えるインパクト!活用法、メリット・デメリットまで

  3. 文章生成AIで、オウンドメディアをスピード構築できるか?手順・プロンプト・注意点まで実体験から徹底解説

  4. 注目のIBJ(東証:6071)結婚相談所加盟店の無料説明会に参加してきました

あわせてお読みください

  1. 企業変革理論6選;ロジックを踏まえたチェンジマネジメントを

  2. 「資金繰り表」の基本ガイド;図表でわかりやすい解説と関数入りフォーマット

  3. 金融機関による資金繰り表の評価と対応のポイント

  4. モチベーション理論12選;組織を考える上で知っておきたい行動源泉ロジック

  5. 探索財、経験財、信頼財|商品特性を理解したマーケティングを

  6. リーダーシップ理論8選;優れたリーダーとはどのようなリーダーなのか?どう育成するか?

  7. 組織改善の施策15選

  8. 資金繰り「悪化」要因とシグナル17選;典型的なパターンをおさえておこう

  9. チャネル政策|開放的・選択的・専属的(排他的)とは?メリットデメリットや商品との相性

メールマガジン登録

TOP