講義ノート

固定金利;スワップレートを利用して金利変動を回避する

銀行が法人に長期貸出を行う場合、固定金利を選択することで、借入れ企業は金利変動リスクから保護され、将来の金利負担を予測しやすくなります。固定金利の設定には、スワップレートが重要な役割を果たします。以下にその関係を説明します。

固定金利とは

固定金利とは、貸出期間全体を通じて金利が変わらないことを意味します。これにより、借り手は金利が将来上昇しても追加の費用負担を避けることができ、金融計画を立てやすくなります。

スワップレートとは

スワップレートは、金融派生商品の一種である金利スワップ取引における固定金利のことを指します。金利スワップ取引では、2者間で金利の支払いを交換します。一方の当事者が固定金利を、もう一方が変動金利(例えばLIBORやTIBORなど)を支払うことになります。スワップレートは市場における固定金利の期待を反映し、長期の金融商品の価格設定に利用されます。

固定金利とスワップレートの関係

銀行や金融機関は、固定金利での貸出を提供する際にスワップレートを参考にします。固定金利の設定にあたっては、銀行は自身が負う金利変動リスクをヘッジする必要があります。そのために金利スワップ取引を利用し、変動金利リスクを他の市場参加者に転嫁することが一般的です。

例えば、銀行が企業に固定金利で貸し出す場合、その固定金利はスワップレートに基づいて決定されることが多いです。銀行は、企業から受け取る固定金利の支払いと、銀行が市場の他の参加者に支払う変動金利の支払いを交換する金利スワップ取引を行うことで、金利変動のリスクをヘッジします。

このように、固定金利の設定にはスワップレートが重要な役割を果たし、金利変動のリスクを管理するための手段として金利スワップが活用されます。このプロセスにより、銀行は固定金利での貸し出しを提供しつつ、金利変動のリスクを効果的に管理することができます。

金融機関にお勤めですか?
匿名アンケートのご協力をお願いします!

https://tsumugu-hit.org/wp-content/uploads/2024/05/027_Sarugakus_Profile-500x500.jpg

より良い教育プログラム開発のため、
3分程度で終わるアンケートにご協力いただけませんでしょうか?

もうやめませんか?
ムダな教材にお金をかけるの。

単調な説明動画、エンタメ要素ゼロ、ひたすら長い動画…
令和ではそんな教材、誰も観てませんから!
観ている方も手に汗握ってしまうような
そんな臨場感ある商談の現場を再現してOJTを強化しませんか?

猿樂 昌之

猿樂 昌之

猿樂事務所(同 つむぐ人たち)の代表です。金融機関向け研修での補足情報や経営の知見を発信しております。よろしければSNSをフォローください。

こちらの記事も読まれています

トレンド体験レポート

  1. 銀行の「アルムナイ(卒業生組織)」はワークするのか?

  2. 『フジ子さん』を体験|オンライン・アシスタントが業務に与えるインパクト!活用法、メリット・デメリットまで

  3. 文章生成AIで、オウンドメディアをスピード構築できるか?手順・プロンプト・注意点まで実体験から徹底解説

  4. 注目のIBJ(東証:6071)結婚相談所加盟店の無料説明会に参加してきました

あなたにおすすめの記事

  1. 探索財、経験財、信頼財|商品特性を理解したマーケティングを

  2. モチベーション理論12選;組織を考える上で知っておきたい行動源泉ロジック

  3. 資金繰り「悪化」要因とシグナル17選;典型的なパターンをおさえておこう

  4. 「資金繰り表」の基本ガイド;図表でわかりやすい解説と関数入りフォーマット

  5. 組織改善の施策15選

  6. リーダーシップ理論8選;優れたリーダーとはどのようなリーダーなのか?どう育成するか?

  7. チャネル政策|開放的・選択的・専属的(排他的)とは?メリットデメリットや商品との相性

メールマガジン登録

金融機関にお勤めですか?

匿名アンケートのご協力を
お願いします!(所要時間3分程度)


TOP