講義ノート

マーケティングリサーチの手法まとめ;状況に応じて適切な手法を選択

マーケティングリサーチの手法をまとめました。

質問法

質問法は、アンケートやインタビューを通じて情報を収集する方法です。

消費者の意見や嗜好、購買行動に関するデータを直接得ることができます。この方法は、大量のデータを比較的短時間で収集できる利点がありますが、回答者の主観に依存するという欠点もあります。

質問法の中で、よく用いられる具体的な方法として面接法、電話法、郵送法、留置法、インターネット調査があります。それぞれのメリットとデメリットを以下に説明します。

面接法

  • メリット:直接的なコミュニケーションにより、深い情報や複雑な意見を得ることができます。非言語的な情報(表情や身振り)も収集可能です。
  • デメリット:時間とコストがかかります。また、面接官の主観が結果に影響を与える可能性があります。

電話法

  • メリット:迅速に多くの回答者にアクセスでき、地理的な制限が少ないです。コストも面接法に比べて低い傾向があります。
  • デメリット:回答者の表情や身振りを読み取ることができず、短い回答に限られることが多いです。また、電話を受ける意欲に左右されることがあります。

郵送法

  • メリット:大規模な調査が低コストで行え、回答者は自分のペースで回答できます。
  • デメリット:回答率が低い傾向があり、回答の受領に時間がかかります。また、質問の誤解を解消するのが難しいです。

留置法

  • メリット:アンケートを店舗やイベント会場に置くことで、特定のターゲット層から直接意見を得ることができます。
  • デメリット:回答者が自己選択するため、サンプルの偏りが生じる可能性があります。また、回収率が不確実です。

インターネット調査

  • メリット:迅速かつ広範囲にわたるデータ収集が可能で、コスト効率が高いです。多様な質問形式(画像や動画を含む)を利用できます。
  • デメリット:インターネットを利用しない層が回答できないため、サンプルの代表性に問題が生じることがあります。また、回答の質の管理が難しい場合があります。

観察法

観察法は、消費者の行動や反応を直接観察することで情報を収集する手法です。

店舗内の顧客の動きや商品への反応など、実際の行動を観察することで、質問法では得られないリアルなデータを得ることができます。

しかし、観察者の主観が結果に影響を与える可能性があります。

実験法

実験法は、特定の変数を操作し、その影響を測定することで情報を収集する方法です。

例えば、価格や広告の変更が消費者の購買意欲にどのような影響を与えるかを調べることができます。制御された環境で行われるため、因果関係を明確にすることができますが、実験環境が実際の市場環境を完全に反映していない可能性があります。

モチベーションリサーチ

モチベーションリサーチは、消費者の内面的動機や態度を深く掘り下げて理解するための方法です。

心理学的なアプローチを取り入れ、なぜ消費者が特定の行動をとるのか、その背後にある動機を探ります。深い洞察を得ることができますが、時間とコストがかかることが欠点です。

デプスインタビュー

デプスインタビューは、個別に深いレベルでのインタビューを行い、詳細な情報や意見を収集する方法です。

一対一で行われるため、回答者が自分の考えを詳細に語ることができ、質の高いデータを得ることができます。しかし、時間がかかり、大量のデータ収集には不向きです。

パネル調査

パネル調査は、同じグループの人々に対して定期的に調査を行い、時間の経過とともに変化する意見や行動を追跡する方法です。

長期的なトレンドや変化を捉えることができますが、パネルメンバーの選定や維持には注意が必要です。

金融機関にお勤めですか?
匿名アンケートのご協力をお願いします!

より良い教育プログラム開発のため、
3分程度で終わるアンケートにご協力いただけませんでしょうか?
猿樂 昌之

猿樂 昌之

猿樂事務所(同 つむぐ人たち)の代表です。金融機関向け研修での補足情報や経営の知見を発信しております。よろしければSNSをフォローください。

こちらの記事も読まれています

トレンド体験レポート

  1. 銀行の「アルムナイ(卒業生組織)」はワークするのか?

  2. 『フジ子さん』を体験|オンライン・アシスタントが業務に与えるインパクト!活用法、メリット・デメリットまで

  3. 文章生成AIで、オウンドメディアをスピード構築できるか?手順・プロンプト・注意点まで実体験から徹底解説

  4. 注目のIBJ(東証:6071)結婚相談所加盟店の無料説明会に参加してきました

あなたにおすすめの記事

  1. モチベーション理論12選;組織を考える上で知っておきたい行動源泉ロジック

  2. 資金繰り「悪化」要因とシグナル17選;典型的なパターンをおさえておこう

  3. 企業変革理論6選;ロジックを踏まえたチェンジマネジメントを

  4. 探索財、経験財、信頼財|商品特性を理解したマーケティングを

  5. 「資金繰り表」の基本ガイド;図表でわかりやすい解説と関数入りフォーマット

  6. 金融機関による資金繰り表の評価と対応のポイント

  7. リーダーシップ理論8選;優れたリーダーとはどのようなリーダーなのか?どう育成するか?

  8. 組織改善の施策15選

  9. チャネル政策|開放的・選択的・専属的(排他的)とは?メリットデメリットや商品との相性

【特集】

中小企業の『救世主』
オンライン・アシスタント
体験をまとめました


オンライン・アシスタントとは?メリット・デメリットまで


オンライン・アシスタント活用術20選

メールマガジン登録

TOP