講義ノート

5フォース分析で経営戦略を立てる方法

5フォース分析とは何か

5フォース分析とは、アメリカの経済学者マイケル・ポーターが提唱した、産業構造分析のためのフレームワークです。これは、「競争の5つの要素(フォース)」とも呼ばれます。

これら5つの競争要素を分析することにより、その業界の競争状況を理解し、企業の戦略を立案するための一助となります。

企業が存在する市場環境を把握し、その中でのポジショニングを見つめ直すための重要なツールです。

5フォース分析の定義

五つのフォースとは、「競合他社の脅威」、「新規参入者の脅威」、「代替製品の脅威」、「取引先の交渉力」、「供給者の交渉力」を指します。

そのうち、「競合他社の脅威」は企業が直面する現存の競争者について、「新規参入者の脅威」は未来に向けての可能性を検討します。「代替製品の脅威」は、自社の製品が直接的ではないが代替可能な製品による影響を考察します。「取引先の交渉力」及び「供給者の交渉力」は、企業と取引相手とのパワーバランスを評価します。

これら全てを統合的に考察し、自社の立場や競争優位性を明確化するために用いられます。

5フォース分析の目的と有用性

五つのフォース分析の目的は、企業が存在する市場環境を把握し、その中で自社がどのようにポジションを取るべきかを理解することです。

また、競争要素を明確に視覚化することが可能となり、経営者やマネージャーは市場環境の変化を適切にキャッチし、戦略の修正・立案に活用することができます。特に、競争環境が著しく変化する中、この分析は企業がサバイバルするための航海図ともなります。また、五つのフォース分析は企業戦略の設定だけでなく、M&Aの対象選定や新規事業の可能性を検討する際など、様々なビジネスシーンでの意思決定に活用されるため、その有用性は大いにあります。

5フォース分析の要素

買い手の交渉力

買い手の交渉力とは、業界における顧客または消費者の影響力を指します。

取引先の多様化や味方の拡大、購買行動の変化などが、企業が提供する製品やサービスの価格や品質を左右する要因となるのです。例えば、取引先が少数であればあるほど、或いは取引先が代替品への切り替えを容易にできる状況では、その取引先の交渉力が増すでしょう。

このような状況下では、企業は価格競争力を保つためにコスト削減を図る必要があります。

売り手の交渉力

売り手の交渉力とは、製品やサービスを提供する企業に対する供給業者の影響力のことを指します。

供給業者が限られていたり、特許や独占的な規制などで取引の選択肢が狭まったりすると、供給業者の交渉力は高まります。

その結果、材料費の上昇や供給量の制限など、生産コストや供給量に影響を及ぼす可能性があります。このような状況を避けるためには、多くの供給業者との取引関係を築く、自社で素材を確保するなどの対策が求められます。

新規参入の脅威

新規参入の脅威とは、新たな競争者が業界に参入することによる影響を指します。

参入障壁が低ければ低いほど、他社が容易に参入しやすく、業界の競争構造は激化します。これは、価格競争の損失外観や市場分け目の縮小を引き起こす可能性があり、企業の利益を圧迫するかもしれません。また、新規参入企業がイノベーションを起こした場合も、既存企業にとって脅威となります。

代替品の脅威

代替品の脅威とは、製品やサービスに対する代替可能な製品やサービスの存在です。

これらの代替品が容易に利用可能である、または消費者が切り替えやすい状況であれば、代替品の脅威は高まります。例えば、低価格の製品、新技術の製品、異なる機能を持つ製品などは、消費者を引きつけて自社製品から離れさせる可能性があります。

業界内の競争

業界内の競争とは、同一業界の他企業との競争のことです。製品やサービスの品質、価格、アフターサービスなどの競争項目が多様化し、消費者の選択肢が広がることで、企業間の競争は激化します。この競争を制するためには、製品やサービスの差別化、コストの最適化、顧客満足度の高化などが求められます。

5フォース分析の評価

5フォース分析の結果、2つの力が強大であるとき、その業界で生き残るのは簡単ではない、と言われています。また、3つの力が強大であるときは、ほとんどの企業がその業界では生き残れないと言われています。

金融機関にお勤めですか?
匿名アンケートのご協力をお願いします!

より良い教育プログラム開発のため、
3分程度で終わるアンケートにご協力いただけませんでしょうか?
猿樂 昌之

猿樂 昌之

猿樂事務所(同 つむぐ人たち)の代表です。金融機関向け研修での補足情報や経営の知見を発信しております。よろしければSNSをフォローください。

こちらの記事も読まれています

トレンド体験レポート

  1. 銀行の「アルムナイ(卒業生組織)」はワークするのか?

  2. 『フジ子さん』を体験|オンライン・アシスタントが業務に与えるインパクト!活用法、メリット・デメリットまで

  3. 文章生成AIで、オウンドメディアをスピード構築できるか?手順・プロンプト・注意点まで実体験から徹底解説

  4. 注目のIBJ(東証:6071)結婚相談所加盟店の無料説明会に参加してきました

あなたにおすすめの記事

  1. 組織改善の施策15選

  2. 資金繰り「悪化」要因とシグナル17選;典型的なパターンをおさえておこう

  3. 企業変革理論6選;ロジックを踏まえたチェンジマネジメントを

  4. チャネル政策|開放的・選択的・専属的(排他的)とは?メリットデメリットや商品との相性

  5. モチベーション理論12選;組織を考える上で知っておきたい行動源泉ロジック

  6. リーダーシップ理論8選;優れたリーダーとはどのようなリーダーなのか?どう育成するか?

  7. 探索財、経験財、信頼財|商品特性を理解したマーケティングを

  8. 「資金繰り表」の基本ガイド;図表でわかりやすい解説と関数入りフォーマット

  9. 金融機関による資金繰り表の評価と対応のポイント

メールマガジン登録

TOP