講義ノート

情報処理モデル;認知プロセスを入力‐処理‐出力に

情報処理モデルとは

情報処理モデルは、消費者行動分析において重要な枠組みの一つです。

このモデルは、消費者が情報をどのように受け取り、処理し、最終的に意思決定に至るかを理解するために用いられます。人間の認知プロセスをコンピュータのように捉え、情報の入力(Input)、処理(Process)、出力(Output)の三段階を通じて消費者の行動を分析します。

情報処理モデルの基本構造

情報の入力(Input):

  • 消費者は、広告、製品レビュー、口コミ、価格情報など、様々な情報源から情報を受け取ります。
  • この段階では、情報の注意喚起と知覚が重要です。消費者がどの情報に注意を払い、どのように知覚するかが、情報処理の過程に大きく影響します。

情報の処理(Process):

  • 情報が認知された後、消費者はそれを解釈し、関連する知識や経験と結びつけて処理します。
  • この段階には、理解、比較、評価などのプロセスが含まれます。消費者は情報を分析し、製品やサービスに対する態度や信念を形成します。

情報の出力(Output):

  • 情報処理の結果として、消費者は特定の行動をとります。これには、製品の購入、ブランドへの忠誠、または購入を避けるといった行動が含まれます。
  • 出力は、消費者の最終的な意思決定と行動に直接関連しています。

情報処理モデルの応用

  • マーケティングコミュニケーション:
  • 情報処理モデルは、消費者がマーケティングメッセージをどのように受け取り、解釈するかを理解するのに役立ちます。これにより、より効果的な広告戦略やコミュニケーション戦略を開発することができます。
  • 製品設計とプレゼンテーション:
  • 製品の特徴やプレゼンテーションが消費者の情報処理にどのように影響するかを理解することで、より魅力的な製品開発とマーケティングが可能になります。

情報処理モデルの注意点

  • 個人差の考慮:
  • 消費者はそれぞれ異なる背景、経験、知識を持っているため、同じ情報でも異なる方法で処理する可能性があります。このモデルでは、これらの個人差を完全には捉えきれない場合があります。
  • 複雑な意思決定の捉え方:
  • 情報処理モデルは比較的単純な意思決定プロセスには適していますが、より複雑な決定や高い関与を伴う購買行動を説明するには限界があります。

金融機関にお勤めですか?
匿名アンケートのご協力をお願いします!

より良い教育プログラム開発のため、
3分程度で終わるアンケートにご協力いただけませんでしょうか?
猿樂 昌之

猿樂 昌之

猿樂事務所(同 つむぐ人たち)の代表です。金融機関向け研修での補足情報や経営の知見を発信しております。よろしければSNSをフォローください。

こちらの記事も読まれています

独自リサーチ

  1. 銀行の「アルムナイ(卒業生組織)」はワークするのか?

  2. 『フジ子さん』を体験|オンライン・アシスタントが業務に与えるインパクト!活用法、メリット・デメリットまで

  3. 文章生成AIで、オウンドメディアをスピード構築できるか?手順・プロンプト・注意点まで実体験から徹底解説

  4. 注目のIBJ(東証:6071)結婚相談所加盟店の無料説明会に参加してきました

あわせてお読みください

  1. 組織改善の施策15選

  2. 企業変革理論6選;ロジックを踏まえたチェンジマネジメントを

  3. チャネル政策|開放的・選択的・専属的(排他的)とは?メリットデメリットや商品との相性

  4. 金融機関による資金繰り表の評価と対応のポイント

  5. 探索財、経験財、信頼財|商品特性を理解したマーケティングを

  6. 「資金繰り表」の基本ガイド;図表でわかりやすい解説と関数入りフォーマット

  7. 資金繰り「悪化」要因とシグナル17選;典型的なパターンをおさえておこう

  8. モチベーション理論12選;組織を考える上で知っておきたい行動源泉ロジック

  9. リーダーシップ理論8選;優れたリーダーとはどのようなリーダーなのか?どう育成するか?

メールマガジン登録

金融機関職員アンケート

TOP