講義ノート

メイヨーのホーソン実験;労働者を生産の道具ではなく人間として扱う

エルトン・メイヨーが行ったホーソン実験は、1920年代から1930年代にかけてアメリカのホーソン工場(ウェスタン・エレクトリック社)で行われた一連の研究です。

これらの実験は、当初は労働環境(例えば照明や休憩時間)が労働者の生産性にどのような影響を与えるかを調査することを目的としていましたが、その結果は労働心理学や組織管理に関する理解を大きく変えることになりました。

ホーソン実験の主要なフェーズ:

照明実験:

照明の強度を変化させて労働者の生産性にどのような影響があるかを調査しました。驚くべきことに、照明を明るくしても暗くしても、生産性は向上しました。

リレー組立テストルーム実験:

労働条件(休憩時間、労働時間、賃金制度など)を変更し、その影響を観察しました。ここでも、ほとんどの条件変更で生産性が向上しました。

インタビュープログラム:

労働者数千人に対して行われたインタビューを通じて、労働者の態度や感情が生産性に影響を与えることが明らかになりました。

バンク・ワイヤリング観察室実験:

社会的な側面と労働グループのダイナミクスが生産性に大きな影響を与えることが示されました。

ホーソン実験による主な発見と影響:

ホーソン効果:

実験の最も有名な結果は「ホーソン効果」として知られています。これは、労働者が注意を払われていると感じると、その単独で生産性が向上するという現象です。

社会的要因の重要性:

メイヨーは、労働者の生産性は単に物理的な条件だけでなく、社会的な要因や労働者間の関係、労働者の感情や態度によっても大きく影響されることを発見しました。

人間関係運動の始まり:

この研究は、労働者を単なる「生産の道具」としてではなく、感情や社会的ニーズを持つ「人間」として扱うことの重要性を強調し、後の「人間関係運動」の基礎を築きました。

ホーソン実験は、労働環境における人間の側面に光を当て、組織行動や管理の分野における人間中心のアプローチの発展に大きく貢献しました。

金融機関にお勤めですか?
匿名アンケートのご協力をお願いします!

より良い教育プログラム開発のため、
3分程度で終わるアンケートにご協力いただけませんでしょうか?
猿樂 昌之

猿樂 昌之

猿樂事務所(同 つむぐ人たち)の代表です。金融機関向け研修での補足情報や経営の知見を発信しております。よろしければSNSをフォローください。

こちらの記事も読まれています

トレンド体験レポート

  1. 銀行の「アルムナイ(卒業生組織)」はワークするのか?

  2. 『フジ子さん』を体験|オンライン・アシスタントが業務に与えるインパクト!活用法、メリット・デメリットまで

  3. 文章生成AIで、オウンドメディアをスピード構築できるか?手順・プロンプト・注意点まで実体験から徹底解説

  4. 注目のIBJ(東証:6071)結婚相談所加盟店の無料説明会に参加してきました

あなたにおすすめの記事

  1. モチベーション理論12選;組織を考える上で知っておきたい行動源泉ロジック

  2. 企業変革理論6選;ロジックを踏まえたチェンジマネジメントを

  3. 金融機関による資金繰り表の評価と対応のポイント

  4. 資金繰り「悪化」要因とシグナル17選;典型的なパターンをおさえておこう

  5. 探索財、経験財、信頼財|商品特性を理解したマーケティングを

  6. リーダーシップ理論8選;優れたリーダーとはどのようなリーダーなのか?どう育成するか?

  7. 組織改善の施策15選

  8. チャネル政策|開放的・選択的・専属的(排他的)とは?メリットデメリットや商品との相性

  9. 「資金繰り表」の基本ガイド;図表でわかりやすい解説と関数入りフォーマット

【特集】

中小企業の『救世主』
オンライン・アシスタント
体験をまとめました


オンライン・アシスタントとは?メリット・デメリットまで


オンライン・アシスタント活用術20選

メールマガジン登録

TOP