講義ノート

CRM活用における層別対応と個別対応

CRM(Customer Relationship Management)では、顧客関係管理を最適化して、顧客満足度を向上させることが目的です。その中で、層別対応と個別対応は、顧客へのアプローチ方法における2つの重要な戦略です。

層別対応

層別対応では、顧客をいくつかのセグメントやグループに分類し、それぞれのグループ特有のニーズや行動パターンに基づいて対応します。

この分類は、顧客の購買履歴、興味・関心、人口統計学的特徴(年齢、性別、地域など)や行動データ(ウェブサイト訪問回数、メール開封率など)をもとに行います。

例えば、高額商品を頻繁に購入する顧客グループには、プレミアムサービスの提供や特別なオファーを行うことで、より高い顧客満足を目指します。

個別対応

個別対応は、一人ひとりの顧客に対して、その人特有のニーズや好み、過去のインタラクションに基づいてパーソナライズされたサービスや情報を提供するアプローチです。

これには、詳細な顧客データの分析と理解が必要で、AIや機械学習技術を活用することも多いです。

個別対応の例としては、顧客の過去の購買歴に基づいて個別にカスタマイズされたメールマーケティングや、個人の興味に合わせた製品推薦があります。

層別対応と個別対応の違い

  • スケールと精度: 層別対応はより大きな顧客グループに向けて行われ、比較的一般的なニーズに対応します。一方、個別対応は顧客一人ひとりの詳細なニーズや好みに焦点を当て、より高い精度でパーソナライズされた体験を提供します。
  • リソースと技術: 個別対応はより複雑なデータ分析とパーソナライズを必要とするため、層別対応に比べてリソースや高度な技術を要する場合があります。
  • 適用の場面: 層別対応は顧客基盤が広く、さまざまなニーズが存在する場合に効果的です。個別対応は顧客ロイヤルティを深め、高価値顧客に対して特別な体験を提供したい場合に適しています。

CRM戦略において、これらのアプローチは相互補完的であり、適切に組み合わせることで、顧客満足度とビジネス成果の最適化が図れます。

金融機関にお勤めですか?
匿名アンケートのご協力をお願いします!

より良い教育プログラム開発のため、
3分程度で終わるアンケートにご協力いただけませんでしょうか?
猿樂 昌之

猿樂 昌之

猿樂事務所(同 つむぐ人たち)の代表です。金融機関向け研修での補足情報や経営の知見を発信しております。よろしければSNSをフォローください。

こちらの記事も読まれています

独自リサーチ

  1. 銀行の「アルムナイ(卒業生組織)」はワークするのか?

  2. 『フジ子さん』を体験|オンライン・アシスタントが業務に与えるインパクト!活用法、メリット・デメリットまで

  3. 文章生成AIで、オウンドメディアをスピード構築できるか?手順・プロンプト・注意点まで実体験から徹底解説

  4. 注目のIBJ(東証:6071)結婚相談所加盟店の無料説明会に参加してきました

あわせてお読みください

  1. 資金繰り「悪化」要因とシグナル17選;典型的なパターンをおさえておこう

  2. チャネル政策|開放的・選択的・専属的(排他的)とは?メリットデメリットや商品との相性

  3. 企業変革理論6選;ロジックを踏まえたチェンジマネジメントを

  4. 金融機関による資金繰り表の評価と対応のポイント

  5. 「資金繰り表」の基本ガイド;図表でわかりやすい解説と関数入りフォーマット

  6. 探索財、経験財、信頼財|商品特性を理解したマーケティングを

  7. モチベーション理論12選;組織を考える上で知っておきたい行動源泉ロジック

  8. リーダーシップ理論8選;優れたリーダーとはどのようなリーダーなのか?どう育成するか?

  9. 組織改善の施策15選

メールマガジン登録

TOP