講義ノート

購買意思決定モデルにおける行動決定4タイプ;定型的、バラエティシーキング、限定的、問題的

購買意思決定モデルにおける消費者の行動決定は、主に以下の4つのタイプに分類されます:定型的問題解決、バラエティシーキング、限定的問題解決、拡大的問題解決。これらは消費者が製品やサービスを選択する際の異なる思考プロセスを表しています。

定型的問題解決 (Routine Problem Solving)

定型的問題解決は、日常的でリスクが低く、習慣的な購買決定に関連しています。

消費者は既に製品やブランドについて十分な知識を持っており、多くの情報検索や比較検討を必要としません。例えば、日用品やお気に入りの食品の購入などがこれに該当します。このタイプの決定は迅速で、最小限の労力で行われます。

バラエティシーキング (Variety Seeking)

バラエティシーキングは、消費者が新しい経験を求めたり、単調さを避けたりするために異なる選択肢を試す行動です。

これは特に飽きやすい製品カテゴリーで見られ、リスクが低い状況でよく発生します。消費者は新しいブランドや製品を試すことで新鮮さを感じ、満足を得ることができます。

この行動は、選択の多様性を求める消費者の欲求から生じます。

限定的問題解決 (Limited Problem Solving)

限定的問題解決は、消費者がある程度の知識を持っているが、追加情報を必要とする購買決定に関連しています。

このプロセスでは、消費者はいくつかの選択肢を比較検討し、限られた情報検索を行います。例えば、新しいレストランの選択や、以前に購入したことのあるカテゴリーの新製品の購入などがこれに当たります。

決定は比較的迅速ですが、定型的問題解決よりは多少の検討が必要です。

拡大的問題解決 (Extensive Problem Solving)

拡大的問題解決は、高価格の商品や重要な購入に関連する複雑な決定プロセスです。

消費者は製品に関して限られた知識を持っており、多くの情報を収集し、多数の選択肢を検討する必要があります。例えば、新車の購入や家の購入などがこれに該当します。

このタイプの決定は時間がかかり、慎重な検討と比較が必要です。

金融機関にお勤めですか?
匿名アンケートのご協力をお願いします!

より良い教育プログラム開発のため、
3分程度で終わるアンケートにご協力いただけませんでしょうか?
猿樂 昌之

猿樂 昌之

猿樂事務所(同 つむぐ人たち)の代表です。金融機関向け研修での補足情報や経営の知見を発信しております。よろしければSNSをフォローください。

こちらの記事も読まれています

独自リサーチ

  1. 銀行の「アルムナイ(卒業生組織)」はワークするのか?

  2. 『フジ子さん』を体験|オンライン・アシスタントが業務に与えるインパクト!活用法、メリット・デメリットまで

  3. 文章生成AIで、オウンドメディアをスピード構築できるか?手順・プロンプト・注意点まで実体験から徹底解説

  4. 注目のIBJ(東証:6071)結婚相談所加盟店の無料説明会に参加してきました

あわせてお読みください

  1. 探索財、経験財、信頼財|商品特性を理解したマーケティングを

  2. 金融機関による資金繰り表の評価と対応のポイント

  3. リーダーシップ理論8選;優れたリーダーとはどのようなリーダーなのか?どう育成するか?

  4. 「資金繰り表」の基本ガイド;図表でわかりやすい解説と関数入りフォーマット

  5. 組織改善の施策15選

  6. モチベーション理論12選;組織を考える上で知っておきたい行動源泉ロジック

  7. 企業変革理論6選;ロジックを踏まえたチェンジマネジメントを

  8. チャネル政策|開放的・選択的・専属的(排他的)とは?メリットデメリットや商品との相性

  9. 資金繰り「悪化」要因とシグナル17選;典型的なパターンをおさえておこう

メールマガジン登録

金融機関職員アンケート

TOP