講義ノート

組織構造の形態;ライン・スタッフと全社構造

ユニット構造;ラインとスタッフ

ライン構造 (Line Structure):

  • 最も伝統的な組織形態で、直接的な指揮と制御のラインがトップからボトムまで存在します。
  • ラインマネージャーは、組織の主要な業務に関連する決定権と責任を持っています。
  • この構造は、明確な権限と責任、直接的なコントロール、および簡単な意思決定プロセスを提供します。

スタッフ構造 (Staff Structure):

  • スタッフ組織は、ラインマネージャーをサポートする専門家やアドバイザーで構成されています。
  • スタッフは、研究、計画、法的アドバイスなどの専門的なサービスを提供し、組織の効率性を高めることを目的としています。
  • スタッフは通常、直接的な権限を持たず、決定を行う権限はラインマネージャーにあります。

全社構造の一般形態

機能別組織(職能別組織):

このタイプの組織は、会社の異なる機能や職能に基づいて構成されています。例えば、営業、マーケティング、人事、財務などの部門があります。各部門は特定の機能に特化し、その領域における専門知識を持つスタッフで構成されています。機能別組織の利点は、効率的な専門化と管理のしやすさですが、部門間の連携が課題となることもあります。

機能別組織(職能別組織)のメリット:

  1. 専門化と効率性: 各部門が特定の機能に特化しているため、効率的で専門的な業務遂行が可能です。
  2. 明確な責任範囲: 職務が明確に分かれているため、責任範囲と期待される結果がはっきりしています。
  3. 管理のしやすさ: 部門ごとに管理が行われるため、組織の全体像を把握しやすく、統制を効かせやすいです。

機能別組織(職能別組織)のデメリット:

  1. 部門間の壁: 部門間のコミュニケーションが不足し、協力が難しくなることがあります。
  2. 柔軟性の欠如: 市場の変化に対する迅速な対応が難しくなることがあります。
  3. 視野の狭窄: 従業員が自部門の業務に限定されるため、組織全体の目標に対する視野が狭くなりがちです。

事業部別組織:

事業部別組織では、会社が複数の事業部に分かれており、各事業部が自立して運営されます。これは、異なる製品ラインや市場を持つ大企業でよく見られます。各事業部は自らの収益と損失に責任を持ち、戦略的意思決定を行うことができます。これにより、より柔軟で市場に敏感な運営が可能になりますが、全社的な統一性を保つのが難しい場合があります。

事業部別組織メリット:

  1. 市場への迅速な対応: 各事業部が独立して運営されるため、市場の変化に迅速に対応できます。
  2. 意思決定の分散化: 意思決定が事業部レベルで行われるため、柔軟で効果的な戦略が立てやすいです。
  3. 利益責任の明確化: 各事業部が収益と損失に対して直接的な責任を持つため、パフォーマンスの管理がしやすいです。

事業部別組織のデメリット:

  1. リソースの重複: 異なる事業部が同じ種類のリソースを個別に保有することで、無駄が生じる可能性があります。
  2. 組織全体の戦略の欠如: 各事業部が独自の目標に集中するあまり、組織全体の一貫した戦略が欠けることがあります。
  3. 内部競争の発生: 事業部間での内部競争が激化し、組織全体の協力体制が崩れることがあります。

マトリックス組織:

マトリックス組織は、機能別と事業部別の要素を組み合わせた構造です。このタイプの組織では、従業員は機能別の上司と事業部別の上司の両方を持つことが一般的です。この組織形態の目的は、柔軟性と効率性を高めることにありますが、複雑さと権限の衝突が問題となることがあります。

マトリックス組織のメリット:

  1. 柔軟性と多角的視点: 二重の管理構造により、機能と事業部の両方の視点からの意思決定が可能です。
  2. リソースの効率的利用: 機能別と事業部別のリソースを共有することで、効率的なリソース配分が可能になります。
  3. コミュニケーションの促進: 部門横断的なコミュニケーションが促進され、より包括的な意思決定が行えます。

マトリックス組織デメリット:

  1. 権限と責任の複雑さ: マトリックス組織では、従業員が複数の上司を持つことが一般的で、これが権限と責任の複雑さを生む原因となります。
  2. 衝突の可能性: 機能別と事業部別の目標や優先順位が衝突することがあり、これが組織内の摩擦や混乱を引き起こすことがあります。
  3. 管理の複雑さ: 二重の報告ラインと多様なステークホルダーを持つため、管理が複雑になり、意思決定プロセスが遅れることがあります。

金融機関にお勤めですか?
匿名アンケートのご協力をお願いします!

より良い教育プログラム開発のため、
3分程度で終わるアンケートにご協力いただけませんでしょうか?
猿樂 昌之

猿樂 昌之

猿樂事務所(同 つむぐ人たち)の代表です。金融機関向け研修での補足情報や経営の知見を発信しております。よろしければSNSをフォローください。

こちらの記事も読まれています

独自リサーチ

  1. 銀行の「アルムナイ(卒業生組織)」はワークするのか?

  2. 『フジ子さん』を体験|オンライン・アシスタントが業務に与えるインパクト!活用法、メリット・デメリットまで

  3. 文章生成AIで、オウンドメディアをスピード構築できるか?手順・プロンプト・注意点まで実体験から徹底解説

  4. 注目のIBJ(東証:6071)結婚相談所加盟店の無料説明会に参加してきました

あわせてお読みください

  1. 資金繰り「悪化」要因とシグナル17選;典型的なパターンをおさえておこう

  2. モチベーション理論12選;組織を考える上で知っておきたい行動源泉ロジック

  3. チャネル政策|開放的・選択的・専属的(排他的)とは?メリットデメリットや商品との相性

  4. 組織改善の施策15選

  5. 探索財、経験財、信頼財|商品特性を理解したマーケティングを

  6. 「資金繰り表」の基本ガイド;図表でわかりやすい解説と関数入りフォーマット

  7. 金融機関による資金繰り表の評価と対応のポイント

  8. 企業変革理論6選;ロジックを踏まえたチェンジマネジメントを

  9. リーダーシップ理論8選;優れたリーダーとはどのようなリーダーなのか?どう育成するか?

メールマガジン登録

金融機関職員アンケート

TOP