講義ノート

AIDMAとAISAS;購買意思決定モデルの基本プロセス

購買意思決定モデルには、消費者が製品やサービスを購入するまでのプロセスを理解するためのいくつかのモデルがあります。代表的なものに「AIDMA」と「AISAS」があります。これらのモデルは、マーケティングや広告戦略を立てる際に非常に役立ちます。

その教材、意味ありますか?
令和では教材もリアル感が大事です!
観ている方も手に汗握ってしまうような
そんな臨場感ある商談の現場を再現してみませんか?

AIDMAモデル

AIDMAは、消費者の購買行動を説明するための古典的なモデルです。このモデルは以下の5つの段階で構成されています。

  1. Attention (注意): 製品やサービスに対する消費者の注意を引くこと。
  2. Interest (興味): 消費者が製品に興味を持ち始めること。
  3. Desire (欲求): 興味が欲求に変わり、製品を手に入れたいと思うようになること。
  4. Memory (記憶): 製品やブランドを記憶に留めること。
  5. Action (行動): 実際に製品を購入する行動に移すこと。

AISASモデル

インターネットの普及に伴い、AIDMAモデルはAISASモデルに進化しました。このモデルは以下の5つの段階で構成されています。

  1. Attention (注意): オンライン上での消費者の注意を引くこと。
  2. Interest (興味): 製品に対する消費者の興味を喚起すること。
  3. Search (検索): 興味を持った消費者が製品に関する情報をインターネットで検索すること。
  4. Action (行動): オンラインでの購入や店舗への訪問など、具体的な行動に移すこと。
  5. Share (共有): 製品や体験についての感想をソーシャルメディアなどで共有すること。

比較と現代の適用

  • 変化の要因: AISASモデルは、インターネットとソーシャルメディアの影響を反映しています。情報の検索や共有が購買行動に大きな役割を果たすようになりました。
  • 適用の違い: AIDMAは従来のメディアや直接的なマーケティングに適していますが、AISASはデジタルマーケティングやオンラインコミュニケーションに特に適しています。

金融機関にお勤めですか?
匿名アンケートのご協力をお願いします!

より良い教育プログラム開発のため、
3分程度で終わるアンケートにご協力いただけませんでしょうか?
その教材、意味ありますか?
令和では教材もリアル感が大事です!
観ている方も手に汗握ってしまうような
そんな臨場感ある商談の現場を再現してみませんか?

猿樂 昌之

猿樂 昌之

猿樂事務所(同 つむぐ人たち)の代表です。金融機関向け研修での補足情報や経営の知見を発信しております。よろしければSNSをフォローください。

こちらの記事も読まれています

トレンド体験レポート

  1. 銀行の「アルムナイ(卒業生組織)」はワークするのか?

  2. 『フジ子さん』を体験|オンライン・アシスタントが業務に与えるインパクト!活用法、メリット・デメリットまで

  3. 文章生成AIで、オウンドメディアをスピード構築できるか?手順・プロンプト・注意点まで実体験から徹底解説

  4. 注目のIBJ(東証:6071)結婚相談所加盟店の無料説明会に参加してきました

あなたにおすすめの記事

  1. 探索財、経験財、信頼財|商品特性を理解したマーケティングを

  2. モチベーション理論12選;組織を考える上で知っておきたい行動源泉ロジック

  3. 金融機関による資金繰り表の評価と対応のポイント

  4. チャネル政策|開放的・選択的・専属的(排他的)とは?メリットデメリットや商品との相性

  5. 企業変革理論6選;ロジックを踏まえたチェンジマネジメントを

  6. 資金繰り「悪化」要因とシグナル17選;典型的なパターンをおさえておこう

  7. 組織改善の施策15選

  8. 「資金繰り表」の基本ガイド;図表でわかりやすい解説と関数入りフォーマット

  9. リーダーシップ理論8選;優れたリーダーとはどのようなリーダーなのか?どう育成するか?

メールマガジン登録

TOP