リサーチ

文章生成AIで、オウンドメディアをスピード構築できるか?手順・プロンプト・注意点まで実体験から徹底解説

この記事は、猿樂事務所にて制作されました。弊所について
当サイトは収益化されており、本文内に広告を含みます。詳細

このページの目次

企業がオウンドメディア立ち上げをする際のネックは

中小企業において、オウンドメディアによる集客は、単純なトラフィック(検索流入数)を狙うにとどまらず、自社を専門家としてブランディングする上でも重要です。しかし、どの会社にもライティングが卓越した社員がいるわけもなく、外注やコンサルを頼むと数百万かかるのが通常です。

そこで生成系AIを活用してみてはどうか?と考えても、あまりにノウハウがなく、結局躊躇してしまうのではないでしょうか?実際に弊所では、要所で生成系AIを活用することでクライアント様のオウンドメディアのスピード立ち上げを実現しましたので、その体験も含めて全容をお伝えしたいと思います。

一般的なオウンドメディア立ち上げ手順とネックとなるポイント

1.立ち上げの目的と定量的な目標を明確にする成功を測定するためには、具体的なKPIを設定し、目標達成に向けた戦略を立てます。
2.サイトコンセプトを決めるサイトの基本方針となるコンセプトを決定し、ブランドのアイデンティティを反映させます。
3.コンテンツマップを考える訪問者のニーズに応じたコンテンツを計画し、サイトの構造を設計します。
4. 社内で開発するか外注するか決めるリソースと専門知識に基づき、開発は内製するか外部に委託するかを選択します。
ネック①: 社内では書けないが、外注コストは高すぎる
6.メディアの更新頻度を決める定期的な更新計画を立て、読者の期待に応えるコンテンツを提供します。
ネック②: 人や予算が足りないので更新頻度を低くしてしまう
7.検索キーワードを選定するターゲットとなるペルソナの検索行動を分析し、適切なキーワードを選定します。
ネック③: ノウハウがなく検索キーワードが列挙できない
8.作成するコンテンツ(記事のタイトル)を決めるターゲットに響くテーマを選び、記事のラインナップを決定します。
ネック④: タイトルアイディアが少ししか出せない
9.記事の骨子(構成案)を作成する記事の流れを決定し、読み手にとって有益な情報構造を設計します。
ネック⑤: ノウハウがなく有効な構成がつくれない
10. 記事を執筆する骨子に基づき、魅力的で価値のあるコンテンツを作成します。
ネック⑥: 人手が足りず、数記事でモチベーションが下がってしまう
11. 記事をプロモートするSNSやメールマーケティングを通じて、記事を適切なオーディエンスに届けます。
12.記事の流入を測定し解析するアナリティクスを使用して、記事への訪問者数や行動を測定し、洞察を得ます。
13.記事をリライトして検索順位を高めるSEOの観点から記事を最適化し、検索ランキングを改善します。
ネック⑦: SEO対策の知識が不足し、リライト箇所がわからない

これらのネックをどのように解消してくれるか、次のパラグラフで確認していきます。

生成系AIはネックをどのように省力化してくれるか

生成系AIを駆使し、以下のようにネックを解消することで、企業はコンテンツの量と質のバランスを取りながら、オウンドメディアの立ち上げと運営をスムーズに行うことが可能になります。

ネック①: 社内では書けないが、外注コストは高すぎる

生成系AIは、コスト効率の良いコンテンツ制作を可能にします。AIは、基本的な記事やレポートを短時間で生成し、外注に頼ることなく、社内リソースを最大限に活用することができます。これにより、外注コストを削減しつつ、コンテンツの量を増やすことが可能です。

ネック②: 人や予算が足りないので更新頻度を低くしてしまう

AIは迅速にコンテンツを生成するため、人的リソースが限られている場合でも、定期的な更新を維持することができます。AIを活用することで、少ない予算と人員でも更新頻度を高く設定し、早期にメディアとして成立する記事数にすることが可能になります。

ネック③: ノウハウがなく検索キーワードが列挙できない

AIは、大量のオンラインデータとトレンドを分析し、関連性の高いキーワードを提案することができます。これにより、SEOに必要なキーワードリサーチのノウハウがない場合でも、効果的なキーワード選定を行うことができます。

プロンプトの例
「SEOを強化するために、”ヴィーガンレシピ”に関連する検索ボリュームが高いキーワードを教えてください。」「ヴィーガンレシピ”に関連するキーワードで、関連性が高く、ユーザーの関心を引くものをリストアップしてください。」

ネック④: タイトルアイディアが少ししか出せない

生成系AIは、既存のコンテンツやトレンドからインスピレーションを得て、多様なタイトル案を生成することができます。これにより、クリエイティブなアイディアが不足している場合でも、魅力的なタイトルを簡単に作成することが可能です。

プロンプトの例
「初心者向けの”ヴィーガンレシピ”ブログのタイトル案を教えてください。」「面白くて覚えやすい”ヴィーガンレシピ”ブログのタイトル案が欲しいです。」

ネック⑤: ノウハウがなく有効な構成がつくれない

プロンプトの例
「読者に”持続可能なライフスタイル”の重要性を理解してもらうためのブログ構成を教えてください。」「”持続可能なライフスタイル”というキーワードを中心に、SEOに最適化されたブログ構成を考えてください。」

AIは、ユーザーの意図を理解し、それに基づいた記事の骨子を提案することができます。また、最適な情報構造やセクション分けを自動的に生成し、効果的な記事構成をサポートします。

ネック⑥: 人手が足りず、数記事でモチベーションが下がってしまう

AIによるコンテンツ生成は、執筆の負担を軽減し、ライターのモチベーションを維持するのに役立ちます。AIが初稿を作成することで、ライターはより創造的な作業に集中でき、燃え尽きを防ぐことができます。

ネック⑦: SEO対策の知識が不足し、リライト箇所がわからない

AIはSEO最適化されたコンテンツの生成にも利用できます。AIは最新のSEOトレンドを理解し、コンテンツ内の改善点を指摘することができるため、SEO対策の知識が不足している場合でも、検索順位を向上させるためのリライトが可能です。

プロンプトの例
「このブログ記事の検索順位を上げるために、リライトが必要な箇所を特定してください。[リンクを提供]」「記事の読みやすさを評価し、文体や構造を改善するための提案をしてください。」

生成系AIを活用して記事を作成する効率的なステップ

生成AIを活用してブログ記事を書く際の効率的なステップは以下の通りです。

ステップ1:トピック決定

記事の主題となるトピックを決定します。これは読者の関心やSEOの観点から選ぶと良いでしょう。

ステップ2:キーワードリサーチ

トピックに関連するキーワードをリサーチし、検索エンジンでの可視性を高めるために使用します。

ステップ3:大枠の作成

記事の構造を大まかに決めます。導入部、本文(数個のセクション)、結論といった基本的な構成を考えます。

ステップ4:AIによるコンテンツ生成

AIに具体的な指示を出して、各セクションの草稿を生成します。例えば、「導入部でトピックの重要性を強調してください」や「本文でトピックに関する3つの主要なポイントを展開してください」といった具体的な要求をします。

ステップ5:編集とリライト

AIが生成したコンテンツを読み、必要に応じて編集やリライトを行います。ここで文体、トーン、流れの一貫性を確認し、読者にとって価値のある内容になっているかを見極めます。

ステップ6:SEOの最適化

キーワードを適切に記事に組み込み、SEOの基準に沿った最適化を行います。メタデータ、内部リンク、外部リンクなどもこの段階で調整します。

ステップ7:最終レビューと公開

全体を通して最終的なレビューを行い、文法や表現に誤りがないかをチェックします。満足できる記事になったら、ブログに投稿します。

これらのステップを踏むことで、AIを活用しつつも質の高いブログ記事を効率的に作成することができます。

記事生成に強みを持つ日本国内のAIツール6選紹介

特定の分野に特化したAIライターは、その分野の専門知識を活かしたコンテンツ生成において強みを持っています。これらのツールは、オウンドメディアの立ち上げと運営を効率化する強力な助けとなります。

Creative Drive

Creative Driveでは、SEOに特化したツールです。キーワードを指定するだけで記事を出力するワンクリック生成と、キーワード指定から見出しの作成まで順に選択できるカスタム記事生成があり、記事に応じて使い分けられます。

Creative Driveは弊所でも実際に活用しているツールです。

キャッチー

Catchy(キャッチー)は、国内最大級のAIライティングアシスタントツールで、マーケティングに最適な文章を自動で生成するサービスです。記事作成だけでなく、キャッチコピー、AI画像作成用テキスト、YouTube企画、新規事業のアイディア、会社名、LINEの返信、仕事の相談など、様々なシチュエーションで生成ツールを利用できます。

SAKUBUN

SAKUBUNでは、SEO記事のほか、広告文など100種類以上の効果的な日本語テンプレートを備えています。事前にペルソナを登録しておくことで、ターゲットにあった文章を作成することが可能です。チーム機能があり、プロジェクト設定や保存したコンテンツ、ドキュメントの内容などを共有することも可能です。

Transcope(トランスコープ)

トランスコープでは、競合サイトを分析して、よく使われている重要キーワードや見出し構成を明らかにした上で文章を生成します。これによりプレゼントを意図した文章や、重要キーワードをふんだんに盛り込んだ、GPT-4単体では生成することができなかった、より網羅的でSEOに強い文章を生成することが可能です。

AIブログくん

検索上位を狙いたいキーワードを設定するだけで、Google検索分析、最新情報を含めた記事作成、記事内への画像挿入、記事の投稿、そしてGoogleへの記事を投稿したことを知らせる所まで自動化できるサービスです。AIブログくんでは、記事の作成時に参照したURLを確認することができるので、すぐに真実かどうかを確かめることができます。

Rakurin(ラクリン)

ラクリンでは、ブログのあったらいいなを形にした、がコンセプトで、記事ネタ探しからKWの提案、文章の執筆まで、ブログ運営に関わるほぼ全ての業務をAIが行います。

生成系AIが得意な記事、苦手な記事

生成系AIは、データに基づくレポートや情報提供型のコンテンツ、簡単なニュース記事やブログ投稿において優れた能力を発揮します。これらの記事は構造が明確で、既存の情報から容易に生成することが可能です。

一方で、専門的な知識が必要なテーマや、創造性と感情を要する物語、最新のニュースや未確定情報を含む記事は、AIにとってはまだ挑戦的です。これらの記事は人間の編集者の手を借りることで、より正確で魅力的なものになります。

社内の専門的な情報を記事にするならPDFリーダーなどを活用してみてください

体験から考える文章生成AIを導入するメリット

下書きがあることで、文章作成のスピード、クオリティが共に高まる

AIを利用した下書きは、文章の骨組みを素早く提供します。これにより、書き手は内容の精緻化に集中でき、結果としてスピードとクオリティの両方が向上します。AIが生成する下書きは、構造が整っており、論理的な流れを持っているため、最終的な文章の品質を高める基盤となります。

アイディア出しやリサーチの工数が大幅に削減される

AIは、膨大なデータベースから関連情報を引き出し、アイディア生成を支援します。これにより、従来は時間がかかっていたアイディア出しやリサーチの工程が効率化され、創造的な作業により多くの時間を割くことが可能になります。リサーチに関しても、AIは最新の情報を迅速に収集し、その分析を行うことで、研究工数を削減します。

アクセスがほぼ無い、立ち上げからの記事量産に耐えられる

新規サイトではコンテンツ量がSEOに大きく影響するため、AIの文章生成能力は量産を可能にします。アクセスが少ない初期段階でも、AIを活用することで大量の質の高い記事を迅速に作成し、サイトの充実を図ることができます。これにより、検索エンジンでの認知度を早期に高め、訪問者数の増加に繋がる可能性があります。

AIで記事を生成する際の3つの注意点

必ずファクトチェックをする:

AIが生成した情報は常に正確とは限らないため、公開前にファクトチェックを行うことが不可欠です。特に統計データや専門的な事実については、信頼できるソースからの確認が必要です。

AIが生成した記事は修正前提(下書き)だと考える:

AIは有用な下書きを提供しますが、これを最終稿として扱うべきではありません。人間の編集者が文脈の整合性、トーン、スタイルを見直し、必要に応じて修正を加えるべきです。

細かい言い回しは気にしない:

AIが生成した記事の言い回しは、時には不自然なこともあります。しかし、細かい表現に囚われず、全体の流れ、構成やメッセージの明確さに焦点を当てることが重要です。

猿樂 昌之

猿樂 昌之

猿樂事務所(同 つむぐ人たち)の代表です。金融機関向け研修での補足情報や経営の知見を発信しております。よろしければSNSをフォローください。

こちらの記事も読まれています

このページの目次

トレンド体験レポート

  1. 銀行の「アルムナイ(卒業生組織)」はワークするのか?

  2. 『フジ子さん』を体験|オンライン・アシスタントが業務に与えるインパクト!活用法、メリット・デメリットまで

  3. 文章生成AIで、オウンドメディアをスピード構築できるか?手順・プロンプト・注意点まで実体験から徹底解説

  4. 注目のIBJ(東証:6071)結婚相談所加盟店の無料説明会に参加してきました

あなたにおすすめの記事

  1. 「資金繰り表」の基本ガイド;図表でわかりやすい解説と関数入りフォーマット

  2. 組織改善の施策15選

  3. モチベーション理論12選;組織を考える上で知っておきたい行動源泉ロジック

  4. リーダーシップ理論8選;優れたリーダーとはどのようなリーダーなのか?どう育成するか?

  5. チャネル政策|開放的・選択的・専属的(排他的)とは?メリットデメリットや商品との相性

  6. 資金繰り「悪化」要因とシグナル17選;典型的なパターンをおさえておこう

  7. 金融機関による資金繰り表の評価と対応のポイント

メールマガジン登録

金融機関にお勤めですか?

匿名アンケートのご協力を
お願いします!(所要時間3分程度)


TOP