講義ノート

STP分析:まず実施すべきマーケティングの基本

STP(Segmentation,Targeting,Positioning)分析とは

STP分析は、製品やサービスを売る上で必至な手法といえるでしょう。STPはSegmentation(セグメンテーション)、Targeting(ターゲティング)、Positioning(ポジショニング)の頭文字を取ったものです。

STP分析は「何を誰に、どのように売るか」を明確にするための手法

Segmentation(セグメンテーション)市場を具体的な消費者のグループである「セグメント」に分ける作業を指します。消費者のニーズ、好み、購買行動などを分析し、具体的なターゲットを見つけ出すのが重要です。
Targeting(ターゲティング)分析した結果をもとに具体的なターゲットを設定することです。消費者の中から最も効果的に商品を売り出せるグループを選び出し、その消費者グループに集中してマーケティング活動を展開します。
Positioning(ポジショニング)ターゲットとなる消費者へどのように商品やサービスを位置づけ、売り出すかを決定する行為です。

STP分析の必要性とは

一般的に商品やサービスを提供する全ての消費者に対して一様にアピールを行っても、効果は限定的です。しかし、STP分析を用いれば、消費者毎のニーズを把握し、それに合わせたマーケティング戦略を展開することが可能です。

これにより、リソースの無駄を防ぎつつ、より効果的な販売戦略を進めていくことが可能になります。

STP分析の具体的な手順

以下では、STP分析の手順について、具体的に説明していきます。

セグメンテーションのステップ

セグメンテーションは、市場を特定のグループに分ける手法です。

まず、全体の市場を見渡し、消費者の特性やニーズを分析しましょう。

たとえば、年齢、性別、家族構成、地域、趣味、ライフスタイル、価値観など、さまざまな観点から分析します。

次に、その中から共通点や傾向を探し、それに基づいてグループ分けを行います。

最後に、それぞれのグループの消費者行動や商品への期待を詳しく調査します。

ターゲティングのステップ

定義したセグメントの中から、自社の商品やサービスが強みを活かし、市場で差別化を図れるセグメントをターゲットとします。

具体的には、各セグメントの規模や成長性、競争状況、適合度などを総合的に評価します。

そして、その結果から最適なターゲット市場を選定します。

ポジショニングのステップ

ターゲート設定後に行うのがポジショニングです。

ポジショニングとは、自社の商品やサービスが消費者の心の中でどのように位置付けられているかを明確にすることです。

この手順では、まずターゲットとなる消費者が何を重視して商品やサービスを選択しているのかを理解します。

次に、自社の商品やサービスがそれらのニーズにどのように応えるのか、どのように差別化を図るのかを戦略立案します。

この戦略に基づき、具体的な商品開発やマーケティング活動を実施していきます。

効果的なSTP分析を行うために

効果的なSTP分析を行うためには、まずマーケットリサーチの重要性を理解し、競合他社の分析を徹底的に行い、最後に消費者行動の理解を深めることです。

マーケットリサーチの重要性

マーケットリサーチは製品やサービスの提供に効果的な方法を見つけるために必要不可欠な工程であり、その重要性は計り知れません。

これにより企業は、消費者のニーズや嗜好、市場の動向などの価値ある情報を得ることができます。また、市場のサイズや成長率、現在の競合状況といった情報も収集できます。これらの情報は製品開発やマーケティング戦略の策定において必要不可欠となります。

特に、消費者の購買行動や意識を把握することは、製品やサービスが市場で受け入れられやすくなるため、成功にとって重要です。しかし、データ収集だけでなく、それを適切に分析し適用する技術も求められます。

競合他社の分析の重要性

競合他社の分析は、自社の強みや弱みを明確にするために不可欠です。それにより自社の立ち位置を理解し、競争優位を得るための戦略を練ることが可能になります。同様に、新製品の開発や既存製品の改良を図る際にも有用です。

競合他社がどのような製品を提供し、どんなマーケティング戦略を用いているのかを理解することにより、自社の製品開発やマーケティング戦略に反映させることができます。また、競合他社から学べることは多く、新たな視点を得るきっかけにもなるでしょう。

消費者行動の理解の重要性

消費者行動の理解は、製品やサービスが市場で成功を収めるためには欠かせません。消費者が何を求め、何に価値を見出すのかを理解することで、そのニーズを満たすための適切な製品やサービスを提供することが可能になります。

消費者行動の理解を深めるためには、購買データを解析するだけでなく、消費者の気持ちや考え方を探るための調査も必要です。これにより、消費者が製品やサービスを選ぶ背景や動機を理解することができるでしょう。その結果、より効果的なマーケティング戦略を組み立てることが可能になります。

金融機関にお勤めですか?
匿名アンケートのご協力をお願いします!

より良い教育プログラム開発のため、
3分程度で終わるアンケートにご協力いただけませんでしょうか?
猿樂 昌之

猿樂 昌之

猿樂事務所(同 つむぐ人たち)の代表です。金融機関向け研修での補足情報や経営の知見を発信しております。よろしければSNSをフォローください。

こちらの記事も読まれています

トレンド体験レポート

  1. 銀行の「アルムナイ(卒業生組織)」はワークするのか?

  2. 『フジ子さん』を体験|オンライン・アシスタントが業務に与えるインパクト!活用法、メリット・デメリットまで

  3. 文章生成AIで、オウンドメディアをスピード構築できるか?手順・プロンプト・注意点まで実体験から徹底解説

  4. 注目のIBJ(東証:6071)結婚相談所加盟店の無料説明会に参加してきました

あなたにおすすめの記事

  1. リーダーシップ理論8選;優れたリーダーとはどのようなリーダーなのか?どう育成するか?

  2. 資金繰り「悪化」要因とシグナル17選;典型的なパターンをおさえておこう

  3. 探索財、経験財、信頼財|商品特性を理解したマーケティングを

  4. 金融機関による資金繰り表の評価と対応のポイント

  5. モチベーション理論12選;組織を考える上で知っておきたい行動源泉ロジック

  6. 企業変革理論6選;ロジックを踏まえたチェンジマネジメントを

  7. 「資金繰り表」の基本ガイド;図表でわかりやすい解説と関数入りフォーマット

  8. チャネル政策|開放的・選択的・専属的(排他的)とは?メリットデメリットや商品との相性

  9. 組織改善の施策15選

【特集】

中小企業の『救世主』
オンライン・アシスタント
体験をまとめました


オンライン・アシスタントとは?メリット・デメリットまで


オンライン・アシスタント活用術20選

メールマガジン登録

TOP