講義ノート

販売促進;消費者向け、流通業者向け、社内向け、IMC

販売促進は、製品やサービスの販売を増やすために企業が行う様々な活動です。これには、消費者、流通業者、社内スタッフを対象としたものや、統合型マーケティングコミュニケーション(IMC)など、多岐にわたる手法が含まれます。以下に、それぞれのカテゴリーについて解説します。

① 消費者向け販売促進

  • POP(ポイント・オブ・パーチェース)広告: 購買の場である店頭で消費者の注意を引き、購買意欲を促す広告材料です。
  • 発表会・展示会: 新製品やサービスを直接消費者に紹介し、体験してもらうイベントです。
  • サンプル提供: 製品の無料サンプルを提供し、消費者に試してもらうことで製品の魅力を伝えます。
  • プレミアム: 製品購入時に追加で提供される無料または割引価格の商品やサービスです。
  • ノベルティ: 企業ロゴ入りの小物を無料で配布し、ブランドの認知度向上を図ります。
  • 実演販売: 店頭などで製品の使用方法や効果を実演し、消費者の購買意欲を高めます。
  • ポイントカード・会員カード: 購入ごとにポイントがたまり、特典と交換できるカードや、会員特典を提供するカードです。
  • カタログ・パンフレット: 製品情報やブランドストーリーを紹介し、消費者の関心を引きます。

② 流通業者向け販売促進

  • リベート: 販売実績に応じて後から割引を提供することです。
  • アローアンス: 販売促進活動を行うための費用をサポートすることです。
  • 販売店コンテスト: 販売実績を競わせ、優秀な販売店に報酬を提供します。
  • 販売店教育: 製品知識や販売技術を向上させるための研修を提供します。
  • 派遣店員: メーカーから販売店に専門の販売員を派遣し、販売支援を行います。

③ 社内向け販売促進

  • セールスコンテスト: 社内の販売員やチーム間で販売実績を競い合い、優秀者に報酬を提供することで、モチベーションの向上を図ります。

④ IMC(統合型マーケティングコミュニケーション)

IMCは、広告、セールスプロモーション、パブリックリレーションズ、ダイレクトマーケティング、オンラインコミュニケーションなど、様々なコミュニケーション手法を統合的に計画し、一貫したメッセージを伝えることで、ブランドの価値を高め、販売促進を図るアプローチです。消費者に対して一貫したメッセージを伝えることで、ブランドイメージを強化し、効果的なマーケティング活動を実現します。

これらの販売促進手法は、ターゲットや目的に応じて選択し、組み合わせることで、より効果的な販売促進活動を展開することができます。

金融機関にお勤めですか?
匿名アンケートのご協力をお願いします!

より良い教育プログラム開発のため、
3分程度で終わるアンケートにご協力いただけませんでしょうか?
猿樂 昌之

猿樂 昌之

猿樂事務所(同 つむぐ人たち)の代表です。金融機関向け研修での補足情報や経営の知見を発信しております。よろしければSNSをフォローください。

こちらの記事も読まれています

独自リサーチ

  1. 銀行の「アルムナイ(卒業生組織)」はワークするのか?

  2. 『フジ子さん』を体験|オンライン・アシスタントが業務に与えるインパクト!活用法、メリット・デメリットまで

  3. 文章生成AIで、オウンドメディアをスピード構築できるか?手順・プロンプト・注意点まで実体験から徹底解説

  4. 注目のIBJ(東証:6071)結婚相談所加盟店の無料説明会に参加してきました

あわせてお読みください

  1. チャネル政策|開放的・選択的・専属的(排他的)とは?メリットデメリットや商品との相性

  2. 金融機関による資金繰り表の評価と対応のポイント

  3. 探索財、経験財、信頼財|商品特性を理解したマーケティングを

  4. 資金繰り「悪化」要因とシグナル17選;典型的なパターンをおさえておこう

  5. リーダーシップ理論8選;優れたリーダーとはどのようなリーダーなのか?どう育成するか?

  6. 企業変革理論6選;ロジックを踏まえたチェンジマネジメントを

  7. 「資金繰り表」の基本ガイド;図表でわかりやすい解説と関数入りフォーマット

  8. モチベーション理論12選;組織を考える上で知っておきたい行動源泉ロジック

  9. 組織改善の施策15選

メールマガジン登録

TOP