講義ノート

精神分析的カウンセリング;フロイト

フロイトの精神分析的カウンセリングは、人間の心理を深く探求する治療方法で、主に無意識のプロセスと内的な対立が人々の感情や行動にどのように影響を与えるかを理解しようとします。

カウンセリングの各プロセス

  1. 無意識:フロイトは人間の心の多くが意識されていない無意識によって動かされていると考えました。無意識の思考や感情は、夢やフロイトが「自由連想」と呼ぶプロセスを通じてアクセス可能です。
  2. 抑圧:不快な感情や衝動、記憶が意識から追放されるプロセスを指します。これらは無意識の中に残り、様々な精神的問題の根源となることがあります。
  3. 転移:カウンセリング中にクライアントがカウンセラーに対して無意識の感情や期待を移し替えること。これは治療の中で重要な役割を果たし、無意識の感情や対人関係のパターンを明らかにする手がかりを提供します。
  4. 抵抗:クライアントが感情的な痛みや不快な記憶に近づくことを避けようとする無意識の努力。これを認識し、克服することが治療の進行には不可欠です。
  5. 解釈:カウンセラーがクライアントの言葉や行動から無意識の内容を読み解く過程。この解釈を通じて、クライアントは自己理解を深め、潜在的な心的対立を解消することができます。

精神分析的カウンセリングは時間を要するプロセスであり、しばしば長期間にわたる定期的なセッションを必要とします。治療の目標は、無意識の動因を意識化し、それによって個人の心理的な苦痛を軽減し、全体的な心の健康を改善することです。

フロイトの精神分析理論には、「構造論」と「局所論」の二つの重要な部分があります。これらは人間の心理を理解するための異なるアプローチを提供します。

構造論

構造論では、人間の精神は三つの相互作用する部分、すなわち「自我(エゴ)」、「超自我(スーパーエゴ)」、「それ自体(イド)」から成り立っているとされます。

  • イド(Id): 基本的な衝動や欲求、とくに性的・攻撃的衝動を司る心の部分で、生まれながらにして存在します。イドは「快楽原則」に従い、即座に欲求を満たそうとします。
  • エゴ(Ego): 現実の世界と自己の欲求(イドの欲求)との間でバランスを取ろうとする心の部分です。エゴは「現実原則」に従い、社会的に受け入れられる方法で欲求を満たす方法を模索します。
  • スーパーエゴ(Superego): 個人の道徳観念や理想、親や社会から学んだ規範を内面化した心の部分で、自我に対して理想を求め、罪悪感や恥を感じさせることで行動を規制します。

局所論

局所論では、心理的活動は「意識的」、「前意識的」、「無意識的」の三つの異なるレベルで存在するとされます。

  • 意識的(Conscious): 私たちが直接的に自覚している思考や感情。意識はその瞬間に私たちが注意を向けている事柄に限られます。
  • 前意識的(Preconscious): 意識下にはないが、必要に応じて容易に意識に呼び込むことができる記憶や情報。例えば、あなたの電話番号や昨日の夕食のメニューなどがこれに該当します。
  • 無意識的(Unconscious): 意識的な思考から完全に隔離された心の領域で、抑圧された欲求やトラウマ、基本的な衝動が存在します。無意識は行動や感情に大きな影響を与えるとされ、精神分析ではこの無意識の内容を明らかにすることが重要視されます。

防衛機制

ストレスや不安から自己を守るために無意識に働くさまざまな心理的な戦略を「防衛機制」といいます。これらは個人が心理的平衡を保ち、内的な対立や外的ストレスから自己を保護するために利用します。

こちらが各防衛機制についての解説と例です:

  1. 抑圧(Repression)
    抑圧は心的なトラウマや不快な感情を無意識下に押し込めることです。例えば、幼少期のトラウマを完全に忘れてしまい、大人になってもその記憶にアクセスできない場合です。
  2. 否認(Denial)
    否認は現実の事実を認めない防衛機制です。例として、重い病気にかかっているにも関わらず、病状の重大さを認めずに普段通りの生活を続ける人がいます。
  3. 反動形成(Reaction Formation)
    反動形成では、許容しがたい衝動や感情をその正反対の行動で表現します。例えば、同性に対する魅力を感じながら、同性愛者に対して強く反対する行動をとることがあります。
  4. 置き換え(Displacement)
    置き換えは感情を本来の対象から他の対象へ向けることです。例えば、職場での怒りを自宅でペットや家族に向ける場合です。
  5. 合理化(Rationalization)
    合理化は受け入れがたい行動や感情に合理的な説明を付けること。例えば、昇進できなかったことを「時間がなかったから」と説明する場合です。
  6. 同一化(Identification)
    同一化は他者やグループと自分を同一視すること。例えば、人気のある有名人のように振る舞い、その人物の服装や話し方をまねることです。
  7. 補償(Compensation)
    補償は自分の欠点や失敗を他の分野での成功でカバーすること。例えば、学業が苦手な学生がスポーツで優れた成績を収めることです。
  8. 知性化(Intellectualization)
    知性化は感情的な問題を過度に理論的に分析することで、感情的な痛みから自分を遠ざけること。例えば、失恋を詳細な心理学的理論で説明することです。
  9. 抑制(Suppression)
    抑制は意識的に感情や衝動を抑えること。例えば、大切な会議中にイライラしていることを意識的に抑え、冷静に振る舞うことです。
  10. 愛他主義(Altruism)
    愛他主義は自己の問題から注意をそらすために他人を助ける行動です。例えば、自分の悲しみを忘れるためにボランティア活動に積極的に参加することです。
  11. ユーモア(Humor)
    ユーモアは困難やストレスを笑いに変えることで対処する防衛機制です。例えば、自己の失敗をジョークにして笑い飛ばすことです。
  12. 昇華(Sublimation)
    昇華は社会的に受け入れられない衝動を社会的に有用な形に変えることです。例えば、攻撃性を競争スポーツに向けることです。
  13. 予期(Anticipation)
    予期は将来起こりうる不快な出来事に対して心理的に準備することです。例えば、重要なプレゼンテーションを前にして、可能な質問や反応を予測し準備することです。

金融機関にお勤めですか?
匿名アンケートのご協力をお願いします!

より良い教育プログラム開発のため、
3分程度で終わるアンケートにご協力いただけませんでしょうか?
猿樂 昌之

猿樂 昌之

猿樂事務所(同 つむぐ人たち)の代表です。金融機関向け研修での補足情報や経営の知見を発信しております。よろしければSNSをフォローください。

こちらの記事も読まれています

トレンド体験レポート

  1. 銀行の「アルムナイ(卒業生組織)」はワークするのか?

  2. 『フジ子さん』を体験|オンライン・アシスタントが業務に与えるインパクト!活用法、メリット・デメリットまで

  3. 文章生成AIで、オウンドメディアをスピード構築できるか?手順・プロンプト・注意点まで実体験から徹底解説

  4. 注目のIBJ(東証:6071)結婚相談所加盟店の無料説明会に参加してきました

あなたにおすすめの記事

  1. 資金繰り「悪化」要因とシグナル17選;典型的なパターンをおさえておこう

  2. チャネル政策|開放的・選択的・専属的(排他的)とは?メリットデメリットや商品との相性

  3. 探索財、経験財、信頼財|商品特性を理解したマーケティングを

  4. 「資金繰り表」の基本ガイド;図表でわかりやすい解説と関数入りフォーマット

  5. リーダーシップ理論8選;優れたリーダーとはどのようなリーダーなのか?どう育成するか?

  6. 組織改善の施策15選

  7. 金融機関による資金繰り表の評価と対応のポイント

  8. モチベーション理論12選;組織を考える上で知っておきたい行動源泉ロジック

  9. 企業変革理論6選;ロジックを踏まえたチェンジマネジメントを

メールマガジン登録

TOP